北日本信用販売
本店:北海道函館市末広町22番5号

【商号履歴】
北日本信用販売株式会社(1959年7月~1976年4月1日株式会社ジャックスに合併)
デパート信用販売株式会社(1954年6月29日~1959年7月)

【株式上場履歴】
<札証>1973年4月~1976年 月 日(株式会社ジャックスに合併)

【沿革】
当社は、昭和29年6月29日北海道函館市において百貨店との契約に基づくチケットによる月賦販売を目的とする会社として、現在の株式会社ジャックスの前身である「デパート信用販売株式会社」を創業いたしました。その後、昭和34年7月に商号を「北日本信用販売株式会社」に変更し、専門店、小売店とも加盟店契約を締結するなど、業容を拡大し、北海道および東北、北陸、信越を基盤として、全国展開するに至りました。当社の登記上の設立年月日は、昭和23年12月23日となっておりますが、これは株式額面変更(1株の額面500円を50円に変更)のため、昭和51年4月1日「株式会社ジャックス」(旧会社)と合併した際、同社を形式上の存続会社とした結果によるものであります。同社は合併の時まで営業を休止しており、合併をもって被合併会社の「北日本信用販売株式会社」の営業活動を全面的に継承いたしました。
昭和29年6月 北海道函館市に百貨店を加盟店としたクーポン使用による間接割賦販売業務(総合あっせん)を事業目的とした、デパート信用販売株式会社(資本金330万円)を設立。
昭和32年4月 仙台支店を開設。東北、北海道主要都市への出店を開始。
昭和34年7月 社名を、北日本信用販売株式会社と商号変更。
昭和34年12月 融資保証業務(消費者金融)、損保代理店業務を開始。
昭和40年5月 本社を函館市末広町22番5号に移転。
昭和40年6月 大手書籍出版販売会社と提携、個品割賦方式(個品あっせん)の取扱を開始。
昭和44年3月 家電メーカー各社と提携、個品割賦方式の取扱を拡大。
昭和46年7月 メーカークレジット会社と提携、個品割賦の保証ならびに集金業務を開始。
昭和46年9月 クーポン、信販小切手に替えて、クレジットカード方式を採用。
昭和47年6月 損害保険会社との提携により住宅ローン業務を開始。
昭和47年7月 東京支店を開設、営業地域の全国展開を開始。
昭和48年4月 札幌証券取引所に株式を上場。
昭和50年8月 本部機構を東京に移転。
昭和51年4月 株式会社ジャックスに合併。