山陽電気鉄道
本店:神戸市長田区御屋敷通三丁目1番1号

【商号履歴】
山陽電気鉄道株式会社(1933年6月6日~)

【株式上場履歴】
<東証1部>2013年7月16日~
<大証1部>1949年5月16日~2013年7月15日(東証に統合)
<京証>1949年7月4日~1951年12月29日(廃止)

【沿革】
明治40年7月 兵庫電気軌道株式会社(兵庫~明石間)設立(資本金200万円)。
大正8年8月 神戸姫路電気鉄道株式会社(明石~姫路間)設立(資本金500万円)。
大正8年12月 株式会社大阪電機工業所(現山電サービス株式会社)設立(資本金100万円)。
昭和2年1月 宇治川電気株式会社が兵庫電気軌道株式会社を買収合併。
昭和2年4月 宇治川電気株式会社が神戸姫路電気鉄道株式会社を買収合併。
昭和3年2月 明石土地建物株式会社(現株式会社山陽交通社)設立(資本金50万円)。
昭和3年8月 兵庫~姫路間直通運転開始(56.9㎞)。
昭和8年6月 宇治川電気株式会社電鉄部が分離独立し、山陽電気鉄道株式会社(資本金3,000万円)を神戸市に設立。
昭和11年5月 乗合自動車運送事業営業開始。
昭和24年5月 大阪証券取引所に上場。
昭和25年4月 貸切自動車事業営業開始。
昭和27年2月 株式会社山陽百貨店設立(資本金3,750万円)。
昭和28年7月 株式会社山陽百貨店開業。
昭和32年9月 須磨浦普通索道(須磨浦公園~鉢伏山上間0.4㎞)営業開始。以後山上一帯に遊園施設を逐次完成。
昭和35年11月 山陽タクシー株式会社設立(資本金1,000万円)。
昭和38年11月 株式会社舞子ホテル設立(資本金500万円)。
昭和40年12月 神姫交通株式会社(現大阪山陽タクシー株式会社)の全株式を取得。
昭和41年5月 山陽共栄株式会社(現兵庫ライフインダストリー株式会社)設立(資本金200万円)。
昭和43年4月 神戸高速鉄道へ乗り入れ、阪神電鉄・阪急電鉄と相互乗り入れ運転開始し、同時に兵庫~西代間(2.2㎞)の路線を廃止。
昭和49年1月 株式会社山陽友の会設立(資本金1,000万円)。
昭和51年10月 株式会社サンヨーマート設立(資本金4,000万円)。
昭和51年11月 山電フードサービス株式会社(現山商株式会社)設立(資本金1,000万円)。
昭和52年6月 山電興業株式会社(現株式会社山陽フレンズ)設立(資本金1,000万円)。
昭和61年3月 山電不動産株式会社設立(資本金2,000万円)。
昭和62年2月 山陽アメニティサービス株式会社設立(資本金1,000万円)。
昭和62年2月 山陽デリバリーサービス株式会社設立(資本金1,000万円)。
昭和63年4月 第2種鉄道事業(西代~阪神元町及び阪急三宮間7.2㎞)営業開始。
平成元年7月 須磨浦遊園株式会社設立(資本金2,000万円)。
平成3年4月 高速バス神戸~立川線運行開始。
平成3年5月 姫路再開発ビル株式会社設立(資本金5,000万円)。
平成4年2月 山電流通株式会社設立(資本金2,000万円)。
平成4年2月 株式会社日本ワークシステムの全株式を取得(資本金5,000万円)。
平成4年4月 株式会社山電情報センター設立(資本金2,000万円)。
平成7年1月 阪神大震災により全線運転中止(8月13日全線復旧)。
平成7年6月 株式会社日本ワークサービス設立(資本金1,000万円)。
平成10年2月 阪神梅田~山陽姫路間で直通特急の運転開始。
平成10年4月 淡路・徳島方面高速バス4路線運行開始。
平成11年10月 「スルッとKANSAI」に参入(フェアライドシステム導入)。
平成12年2月 株式会社キャリアネット設立(資本金3,000万円)。
平成15年9月 株式会社山陽エージェンシー設立(資本金2,000万円)。
平成16年6月 株式会社神戸山陽バス設立(資本金8,000万円)。
平成18年7月 ICカードシステム「PiTaPa」導入。