※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

極東証券
本店:東京都中央区日本橋茅場町一丁目4番7号

【商号履歴】
極東証券株式会社(1949年12月10日~)
冨士証券株式会社(1947年3月13日~1949年12月10日)

【株式上場履歴】
<東証1部>2006年3月1日~
<東証2部>2005年4月20日~2006年2月28日(1部に指定替え)

【合併履歴】
2000年9月 日 極東不動産株式会社

【沿革】
昭和22年3月 冨士証券株式会社を東京都中央区日本橋茅場町1丁目2番地に資本金100万円にて設立する。
昭和23年9月 証券取引法に基づく証券業者として登録する。
昭和24年4月 東京証券取引所の正会員となる。
昭和24年12月 商号を極東証券株式会社に変更する。
昭和37年5月 本店を東京都中央区日本橋茅場町1丁目6番地に移転する。
昭和43年4月 改正証券取引法に基づく免許を取得する。
昭和52年6月 引受けおよび売出しを行う業務の免許を受ける。
昭和55年5月 公社債の払込金の受入れおよび元利金支払の代理業務の承認を受ける。
昭和57年1月 住居表示の実施により本店所在地は東京都中央区日本橋茅場町一丁目4番7号になる。
昭和57年4月 累積投資業務の承認を受ける。
昭和57年8月 証券投資信託受益証券の収益金、償還金および一部解約金支払の代理業務の承認を受ける。
昭和60年5月 譲渡性預金の売買、売買の媒介、取次および代理業務の承認を受ける。
昭和62年4月 大阪証券取引所に正会員として加入する。
昭和62年10月 海外証券取引に係る外為法上の指定証券会社としての認可を受ける。
昭和62年10月 大阪支店を開設する。
昭和62年11月 常任代理業務の承認を受ける。
昭和63年5月 株式事務の取次ぎ業務の承認を受ける。
昭和63年10月 抵当証券の販売の媒介および保管業務の承認を受ける。
平成元年4月 総合証券会社となる。(資本金31億4,554万円)
平成元年7月 名古屋証券取引所の正会員として加入する。名古屋支店を開設する。
平成元年10月 極東証券(亜洲)有限公司を開設する。
平成元年11月 株式会社極東証券経済研究所を設立する。
平成2年9月 金地金の売買、売買の媒介、取次ぎおよび代理並びに保管業務の承認を受ける。
平成5年7月 日本銀行と当座預金取引を開始する。
平成5年11月 MMF・中期国債ファンドのキャッシング業務の承認を受ける。
平成8年3月 横浜支店を廃止し、国内支店10店舗となる。
平成8年6月 神田支店を廃止し、国内支店9店舗となる。
平成10年5月 北千住支店を廃止し、国内支店8店舗となる。
平成10年12月 証券取引法の改正による証券業の登録を受ける。
平成11年4月 KYOKUTO FUTURES (SINGAPORE) PTE, LTD.を設立する。
平成12年2月 極東プロパティ株式会社を設立する。
平成12年9月 極東不動産株式会社を吸収合併し、自己株式消却。(資本金46億1,839万円)
平成14年12月 極東証券(亜洲)有限公司を清算する。
平成17年4月 東京証券取引所市場第二部に上場する。
平成17年5月 KYOKUTO FUTURES (SINGAPORE) PTE,LTD.を清算する。
平成17年9月 株式会社FEインベストを設立する。
平成18年3月 東京証券取引所市場第一部指定となる。