※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

オカモト
本店:東京都文京区本郷三丁目27番12号

【商号履歴】
オカモト株式会社(1985年10月~)
岡本理研ゴム株式会社(1968年2月1日~1985年10月)
日本理研ゴム株式会社(1958年2月~1968年2月1日)
日本ゴム工業株式会社(1934年1月10日~1958年2月)

【株式上場履歴】
<東証1部>1949年6月10日~
<大証1部>1970年4月1日~2003年3月27日(上場廃止申請)

【合併履歴】
2002年10月 日 オカモトフットウェア株式会社
1976年5月1日 ゼブラケンコー自転車株式会社
1972年6月 日 株式会社岡本理研茨城製作所
1968年2月 日 岡本ゴム工業株式会社
1958年2月 日 理研ゴム株式会社

【沿革】
昭和9年1月 資本金5万円をもって日本ゴム工業株式会社として荏原区戸越町(現在の品川区平塚)において設立。
昭和24年6月 東京証券取引所に上場。
昭和33年2月 理研ゴム株式会社と合併し商号を日本理研ゴム株式会社と改める。
昭和33年8月 大阪出張所(現大阪支店)を開設。
昭和36年6月 本社を現在地に移転。
昭和36年8月 神奈川工場(神奈川県座間市)を設立。
昭和36年10月 東京証券取引所市場第一部銘柄となる。(市場第二部開設に伴い)
昭和38年9月 名古屋営業所を開設。
昭和39年4月 群馬工場(群馬県太田市)を設立。
昭和40年3月 OM.,Inc.(現Okamoto U.S.A.,Inc.)(現連結子会社)を設立。
昭和43年2月 岡本ゴム工業株式会社と合併し、商号を岡本理研ゴム株式会社と改める。
昭和44年2月 東京証券取引所貸借銘柄に選定される。
昭和45年4月 大阪証券取引所市場第一部に上場。
昭和47年6月 子会社株式会社岡本理研茨城製作所を吸収し、茨城工場を設立。
昭和51年5月 ゼブラケンコー自転車株式会社を合併。
昭和56年4月 福岡営業所を開設。
昭和59年2月 創立50周年。
昭和60年3月 静岡工場(静岡県榛原郡吉田町)を設立し、神奈川工場の製造設備を移設拡充。
昭和60年10月 社名を岡本理研ゴム株式会社よりオカモト株式会社に改める。
昭和60年12月 神奈川工場閉鎖。
昭和63年7月 オカモト化成品販売株式会社(現連結子会社)を設立。
平成元年7月 仏国、ミシュラン社と合弁会社ミシュランオカモトタイヤ株式会社を設立し、当社群馬工場タイヤ製造設備を譲渡。
平成5年10月 子会社岡本ゴム株式会社より営業譲受けで、福島工場(福島県いわき市)を設立。
平成10年10月 株式譲受けで、タイ王国にラテックス手袋製造会社Siam Okamoto Co.,Ltd.(現連結子会社)を設立。
平成12年3月 タイヤの合弁事業を解消、ミシュランオカモトタイヤ株式会社株式を売却。
平成12年4月 株式譲受けによりヒルソン・デック株式会社を連結子会社とする。
平成13年10月 新和産業株式会社がオカモト化成品販売株式会社より営業譲受けで、オカモト新和株式會社(現連結子会社)に商号変更。
平成14年10月 連結子会社オカモトフットウェア株式会社を吸収合併。
平成16年7月 株式会社ユニオン・ロイヤル(現連結子会社)の会社更生法による手続の終結。
平成16年9月 オカモト化成品販売株式会社は吸収分割により世界長株式会社からシューズ事業を承継し、世界長株式會社に商号変更。
平成16年12月 三宝樹脂工業㈱の吸収分割により化粧フィルム(建材用)事業を承継。
平成17年3月 イチジク製薬株式会社の株式取得により連結子会社とする。
平成19年3月 シューズ製品の営業部門を世界長株式會社へ統合。