東部ネットワーク
本店:横浜市神奈川区栄町2番地の9

【商号履歴】
東部ネットワーク株式会社(1992年7月~)
横浜東部運送株式会社(1943年12月30日~1992年7月)

【株式上場履歴】
<大証JASDAQ>2010年4月1日~
<ジャスダック>2004年12月13日~2010年4月1日(取引所閉鎖)
<店頭>1999年11月17日~2004年12月12日(店頭登録制度廃止)

【合併履歴】
1996年4月 日 東部商事株式会社

【沿革】
昭和18年10月 神奈川県指令保交第1483号により、区域貨物自動車運送事業の免許譲受の許可を得て横浜市東部地区の運送会社13社により出資金250万円の払込完了
昭和18年12月 商号を横浜東部運送株式会社として設立
昭和19年1月 本店を横浜市神奈川区神奈川通3丁目62番地に置き事業を開始
昭和22年3月 本店を横浜市神奈川区青木通57番地に移転
昭和28年5月 石油類の輸送を開始
昭和34年10月 株式会社横浜髙島屋(現、株式会社髙島屋)の神奈川県全域における百貨店商品の宅配事業を開始
昭和36年10月 株式会社髙島屋と宅配業務等に関し、運送契約を締結
昭和36年12月 びん容器類の輸送、清涼飲料の輸送を開始
昭和42年10月 セメントの輸送を開始
昭和43年2月 横浜市神奈川区に石油販売等を目的とした東部石油販売株式会社を設立(昭和61年1月1日付 東部商事株式会社に商号変更し、その後当社と合併)
昭和52年2月 神奈川県相模原市にびん容器類の工場構内輸送作業の子会社相模新栄運送株式会社を設立
昭和54年11月 本店を横浜市神奈川区金港町5番地の10に移転
昭和63年6月 神奈川県内31配達所をコンピュータネットワーク化し、貨物追跡システム導入設置
平成2年5月 横浜市神奈川区栄町2番地の9に自社ビル完成
平成2年5月 本店を同所へ移転、併せて当ビルを利用した不動産賃貸事業を開始
平成4年4月 全営業所コンピュータネットワーク完成
平成4年4月 全大型車両に液晶式車載コンピュータを搭載導入設置
平成4年7月 商号を東部ネットワーク株式会社に変更
平成8年2月 運輸局長より指定自動車整備事業(民間車検場)の指定を受け、自動車整備事業開始
平成8年4月 東部商事株式会社を吸収合併し、石油類の販売、セメントの販売、各種自動車の販売及びリース業、損害保険代理業、生命保険の募集に関する業務等の事業を開始
平成11年11月 日本証券業協会に株式を店頭登録
平成13年3月 神奈川県座間市に食品物流センターを新設
平成13年3月 株式会社髙島屋との運送契約の一部を同社直系物流子会社株式会社髙島屋物流サービスとの契約に変更
平成13年10月 同上株式会社髙島屋物流サービスと株式会社タフ(株式会社髙島屋の物流子会社)が合併し、株式会社ティー・エル・コーポレーション設立
平成13年10月 当社との運送契約については新会社に引継がれる
平成15年4月 関東圏、新潟、東北方面における化成品輸送の取扱開始
平成16年1月 関東圏のセメント輸送基地完成に伴い、千葉県習志野市に営業所を新設
平成16年2月 株式会社ティー・エル・コーポレーションとの運送契約を解除
平成16年10月 日本山村硝子株式会社埼玉工場の輸送業務等取扱開始のため、埼玉営業所を新設
平成16年12月 日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場
平成17年1月 コカ・コーラナショナルビバレッジ株式会社と関東圏及び中京圏の輸送契約締結
平成17年6月 厚木物流センター7,500坪(神奈川県厚木市)が完成し、転貸開始
平成17年11月 日本山村硝子株式会社の播磨工場、関西工場の製品輸送取扱開始
平成17年11月 関西地区への進出により西宮営業所、播磨営業所を開設
平成18年1月 コカ・コーラナショナルビバレッジ株式会社と北陸及び信州発関東、東北方面の輸送契約締結
平成18年12月 運行管理システムの導入設置、全車両にデジタルタコグラフを搭載
平成18年12月 静岡、大井川、埼玉、高崎の各輸送拠点を拡充
平成19年1月 コカ・コーラナショナルビバレッジ株式会社と東海地域から関西圏への輸送契約締結
平成19年3月 神奈川県海老名市に海老名輸送基地5,885㎡を新設