京極運輸商事
本店:東京都中央区日本橋浜町一丁目2番1号

【商号履歴】
京極運輸商事株式会社(1964年11月~)
株式会社京極社(1947年5月12日~1964年11月)

【株式上場履歴】
<大証JASDAQ>2010年4月1日~
<ジャスダック>2004年12月13日~2010年4月1日(取引所閉鎖)
<店頭>1966年9月8日~2004年12月12日(店頭登録制度廃止)

【沿革】
昭和22年5月 個人営業を改め、現在地に㈱京極社設立、社長 京極友助。設立時の事業所は川崎作業所(現在川崎支店)、金町作業所(名称変更により金町事業所)、横浜出張所(現在京浜支店)。
昭和25年3月 一般区域貨物自動車運送事業再開。
昭和26年2月 ドラム缶工場建設、操業開始(昭和36年11月 ドラム缶製作部門分離)。
昭和27年6月 税関貨物取扱人の免許を得て、通関業を開始。
昭和33年3月 ㈱弥生京極社を設立。
昭和36年12月 市川支店(名称変更により市川事業所)開設。
昭和37年4月 五井営業所(現在京葉支店)開設。
昭和39年10月 京浜港における一般港湾運送事業の免許取得。
昭和39年11月 ㈱京極社を京極運輸商事㈱と改称。
昭和41年9月 日本証券業協会に登録、株式店頭売買開始。
昭和43年8月 浮島倉庫開設、倉庫営業開始。
昭和46年4月 タンククリーニング部門を分離、日本タンクサービス㈱を設立(現・連結子会社)。ドラム洗滌部門を分離、サンドラムサービス㈱(現・サンドラム㈱)を設立。
昭和48年3月 石油部門を分離、当社全額出資にて京極石油㈱(新日本石油㈱特約店)を設立(現・連結子会社)。
昭和48年3月 小樽事業所開設。
昭和51年5月 鹿島事業所開設。
昭和54年8月 蔵王事業所開設。
昭和56年5月 当社全額出資にて京浜京極運送㈱(現・連結子会社)を設立。
昭和56年9月 中津事業所開設。
昭和61年10月 大阪事業所(名称変更により関西駐在)開設。
昭和62年11月 苫小牧事業所(名称変更により北海道事業所)開設。
昭和63年10月 倉敷事業所開設。
昭和63年10月 富士事業所開設。
平成2年7月 三菱石油㈱の関係会社となる。
平成2年10月 水元支店(名称変更により金町事業所)開設。
平成4年6月 葛飾支店(名称変更により金町事業所)開設。
平成6年6月 関西駐在廃止。
平成8年3月 ㈲本町ビルに出資。
平成9年9月 小樽事業所廃止。
平成10年12月 市川事業所廃止。
平成11年9月 ㈲本町ビル出資金を売却。
平成12年6月 北海道事業所廃止。
平成13年3月 扇町支店廃止。
平成16年4月 当社全額出資にて㈲京極トランスポートサービス(現・㈱TSトランスポート、現・連結子会社)を設立。
平成16年10月 金町事業所廃止。
平成16年11月 白井事業所設立。
平成16年12月 ㈱ジャスダック証券取引所に株式を上場。