※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

安田倉庫
本店:東京都港区海岸三丁目3番8号

【商号履歴】
安田倉庫株式会社(1954年10月~)
太洋倉庫株式会社(1949年3月~1954年10月)
安田倉庫株式会社(1942年7月~1949年3月)
臨港倉庫株式会社(1934年7月~1942年7月)
興亜起業株式会社(1919年12月20日~1934年7月)

【株式上場履歴】
<東証1部>2005年3月1日~
<東証2部>1999年6月9日~2005年2月28日(1部に指定替え)

【沿革】
大正8年12月20日 興亜起業株式会社として払込資本金400万円で創立。本店を東京市日本橋区呉服町、合名会社安田保善社内に設置。
大正13年2月 横浜市で普通倉庫業を開業。(現・守屋町営業所)
昭和7年3月 東京市芝区に倉庫を建設し東京営業所を開設。(現・芝浦営業所)
昭和9年7月 社名を臨港倉庫株式会社と改称。
昭和17年7月 社名を安田倉庫株式会社と改称。
昭和17年7月 安田商事株式会社函館支店の営業を譲り受け、函館支店を設置。
昭和19年4月 日本倉庫統制株式会社に倉庫施設を供出。
昭和24年3月 社名を太洋倉庫株式会社と改称。
昭和25年5月 山下町支庫を開設。(のち横浜港営業所)
昭和29年10月 社名を安田倉庫株式会社に復称。
昭和37年6月 荷役作業合理化のため現・株式会社ヤスダワークス(現・連結子会社)を設立。
昭和43年3月 東京都港区に安田倉庫本館ビル完成、本店を同所に移転。
昭和45年7月 函館支店と同年6月開設した札幌営業所を分離独立させ、北海安田倉庫株式会社(現・連結子会社)を設立。
昭和45年9月 平和島営業所を開設。
昭和46年5月 八王子営業所を開設。
昭和46年5月 厚木営業所を開設。
昭和46年11月 本牧営業所を開設。
昭和47年7月 東京港営業所を開設。
昭和47年11月 輸送・配送部門強化のため現・安田運輸株式会社(現・連結子会社)を設立。
昭和48年8月 板橋営業所を開設。
昭和59年9月 北大阪営業所を開設。
昭和60年3月 不動産事業の強化・拡充のため、株式会社安田ビル(現・連結子会社)を設立。
昭和62年9月 大井営業所を開設。
平成2年3月 大黒営業所を開設。
平成2年6月 不動産管理業の強化のため株式会社安田エステートサービス(現・連結子会社)を設立。
平成2年12月 東扇島営業所を開設。
平成3年7月 本店を東京都港区、安田8号ビルに移転。
平成7年9月 大井埠頭営業所を開設。
平成8年2月 上海駐在員事務所を開設。
平成8年8月 大黒流通センターを開設。
平成9年1月 東京港営業所及び横浜港営業所を統合し、国際輸送センターを開設。
平成11年6月 東京証券取引所市場第二部に株式を上場。
平成12年2月 加須営業所を開設。
平成12年8月 日中間輸送業務の強化・拡充のため、安田倉儲(上海)有限公司(現・連結子会社)を設立。
平成12年9月 システム流通センターを開設。
平成13年2月 柏営業所を開設。
平成14年1月 品質管理の国際規格ISO9001の認証を取得。
平成14年12月 北京駐在員事務所を開設。
平成15年4月 航空貨物運送取扱業者である芙蓉エアカーゴ株式会社(現・連結子会社)を完全子会社化。
平成17年3月 東京証券取引所市場第一部に株式を上場。
平成17年3月 環境管理の国際規格ISO14001の認証を取得。
平成17年9月 香港駐在員事務所を開設。
平成17年11月 情報セキュリティ管理の国際規格ISMS・BS7799の認証を取得。
平成19年1月 情報セキュリティ管理の国際規格ISO27001の認証を取得。(ISMS・BS7799の認証から移行)
平成19年1月 日中間輸送業務の強化・拡充のため、安田中倉国際貨運代理(上海)有限公司(非連結子会社)を設立。
平成19年2月 ハノイ駐在員事務所を開設。