※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

インテックコミュニケーションズ
本店:東京都江東区新砂一丁目3番3号

【商号履歴】
株式会社インテックコミュニケーションズ(2000年1月~2005年1月1日株式会社インテックに合併)
株式会社ニュー・ビジネス・デベロップメント(?~2000年1月)

【株式上場履歴】
<東証2部>2003年1月 日~2004年12月27日(株式会社インテックに合併)
<東証マザーズ>2000年9月 日~2003年 月 日(2部に指定替え)

【合併履歴】
2000年1月 日 株式会社インテックコミュニケーションズ

【沿革】
平成10年6月 東京都千代田区において資本金30億円で株式会社インテック コミュニケーションズを設立。株式会社インテックより特別第二種電気通信事業を引き継ぎ事業を開始。
平成10年6月 横浜市神奈川区に通信システム部、メッセージングシステム部および通信管制センターを設置。
平成11年4月 ECビジネスの本格的展開のため、メッセージングシステム部の一部をECシステム部として分離。
平成11年7月 本社を東京都江東区に移転。
平成11年9月 第三者割当により3億円の増資を実施。(増資後の資本金は33億円)
平成12年1月 額面変更のため株式会社ニュー・ビジネス・デベロップメント(形式上の存続会社)に吸収合併。商号は株式会社インテック コミュニケーションズを継承。
平成12年4月 額面変更のため500円額面株式1株を50円額面株式2株とする株式分割を実施。
平成12年9月 東京証券取引所マザーズに株式を上場。100万株の有償一般募集増資(増資後の資本金は37億25百万円)
平成13年4月 組織の一部改定。通信システム部、ECシステム部、プラットフォームシステム部(旧メッセージングシステム部)の上部組織としてシステム開発事業部を設置。通信管制センターをネットワークサービス事業部に改称。下部組織としてネットワークテクニカルセンター、カスタマサービスセンターを設置。営業部をネットビジネス営業部とECビジネス営業部に分割。研究開発準備室を設置。
平成13年5月 業界VANとeマーケットプレイスを連携する「コマース・エクスチェンジ・ソリューション」の提供を開始。
平成13年7月 組織の一部改定。
平成13年7月 考査室を設置。研究開発準備室を研究開発室に改称。
平成13年9月 複数のディレクトリデータベースを連携・統合する「メッセンジャー・メタディレクトリ」の提供を開始。
平成14年1月 通信ネットワークおよびアウトソーシング設備の構築と運用に関する「ISO9001:2000年度版」を、(財)日本科学技術連盟・ISO審査登録センター品質システム審査登録制度に適合し登録。
平成14年3月 ストックオプション制度導入。
平成14年4月 米国サン・マイクロシステムズ社のサービス品質認証プログラム(SunTone)を取得。
平成14年7月 営業本部を設置し、その一部門としてビジネス開発部を新設。
平成14年11月 iDCにおける情報セキュリティマネジメントシステム「ISMS」を、(財)日本科学技術連盟・ISO審査登録センター情報セキュリティマネジメントシステム審査登録制度に適合し登録。
平成15年1月 東京証券取引所市場第二部銘柄に指定を受ける。
平成15年3月 アプリケーションシステム、パッケージ商品および通信サービスの開発・保守を対象とした「ISO9001:2000年度版」を(財)日本科学技術連盟・ISO審査登録センター品質システム審査登録制度に適合し登録。
平成15年10月 組織の一部改定。
平成15年10月 営業推進部の新設。事業開発部を新設し、下部組織としてビジネス開発室、研究開発室および技術推進室を設置。営業本部各部の再編によりビジネスソリューション営業部、プロダクトソリューション営業部を設置。ネットワークサービス事業の強化をはかるため、通信システム部の一部をネットワークサービス事業部に移管し、ネットワーク技術部として新設。ECシステム部をITシステム部に、通信システム部をeプロダクトシステム部にそれぞれ改称。