※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

広島ガス
本店:広島市南区皆実町二丁目7番1号

【商号履歴】
広島ガス株式会社(1970年3月~)
広島瓦斯株式会社(1942年4月~1970年3月)
広島瓦斯電軌株式会社(1917年8月~1942年4月)
広島瓦斯株式会社(1909年10月30日~1917年8月)

【株式上場履歴】
<東証1部>2015年3月9日~
<東証2部>2000年3月1日~2015年3月8日(1部指定)
<広証>1949年7月4日~2000年3月1日(取引所閉鎖)

【合併履歴】
2003年12月 日 広島ガス不動産株式会社
1962年1月 日 中国プロパン瓦斯株式会社
1960年7月 日 広島瓦斯燃料株式会社
1917年8月 日 広島電気軌道株式会社
1913年12月 日 呉瓦斯株式会社
1910年10月 日 尾道瓦斯株式会社

【沿革】
明治42年10月 広島市材木町に資本金1,500千円をもって広島瓦斯株式会社を設立
明治43年10月 尾道瓦斯株式会社と合併
大正2年12月 呉瓦斯株式会社と合併
大正6年8月 広島電気軌道株式会社と合併し、商号を広島瓦斯電軌株式会社に変更
大正10年6月 阿賀工場操業開始
昭和17年4月 電鉄部門を広島電鉄株式会社として分離、商号を広島瓦斯株式会社に変更
昭和24年6月 広島証券取引所に上場
昭和33年11月 海田工場操業開始
昭和35年7月 広島瓦斯燃料株式会社(昭和34年7月設立)を吸収合併し、プロパン部門を広島瓦斯株式会社直営兼業方式に切り換え
昭和37年1月 中国プロパン瓦斯株式会社(昭和29年9月設立)を吸収合併
昭和44年3月 プロパン部門を広島ガスプロパン株式会社として分離(現・連結子会社)
昭和45年3月 広島瓦斯株式会社から広島ガス株式会社に商号変更
昭和45年4月 ガス工事、住宅設備等の施工を事業目的として株式会社広ガス開発(現行商号広島ガス開発株式会社)設立(現・連結子会社)
昭和47年4月 需要家の消費機器保安調査等を事業目的として広島ガスサービス株式会社設立(現・連結子会社)
昭和50年4月 集金・検針業務を事業目的として広島ガス集金株式会社(現行商号広島ガスメイト株式会社)設立
昭和50年5月 ガス器具販売部門を広島ガス器具販売株式会社(現行商号広島ガスリビング株式会社)として分離(現・連結子会社)
昭和57年4月 尾道新工場操業開始
平成7年6月 天然ガス転換開始
平成8年3月 廿日市工場(LNG受入基地)操業開始、インドネシアよりLNGの導入を開始
平成9年4月 お客さま戸数40万戸突破
平成10年6月 機械装置及びエネルギー関連設備の設計・施工等を事業目的として広島ガステクノ株式会社設立(現・連結子会社)
平成11年4月 備後工場操業開始
平成11年10月 広島ガス集金株式会社と広島ガス興産株式会社(昭和53年4月設立)が合併し、商号を広島ガスメイト株式会社に変更(現・連結子会社)
平成12年3月 広島証券取引所が東京証券取引所に合併されたことに伴い、東京証券取引所市場第二部に上場
平成12年10月 情報流通事業を目的として株式会社ラネットを設立(現・連結子会社)
平成13年5月 海田工場操業停止
平成13年6月 高齢者向けサービス事業を目的として株式会社ビー・スマイルを設立(現・連結子会社)
平成13年12月 阿賀製造所操業停止
平成14年4月 尾道工場操業停止
平成14年4月 天然ガス転換完了
平成15年5月 福山瓦斯株式会社と共同で瀬戸内パイプライン株式会社を設立(現・連結子会社)
平成15年12月 連結子会社であった広島ガス不動産株式会社(昭和45年4月設立)を吸収合併
平成17年2月 LNG船の所有を事業目的として株式会社商船三井と共同でMAPLE LNG TRANSPORT INC.を設立
平成17年2月 LNG船の運航管理を事業目的としてHG LNG Shipping Corporation Limitedを設立(現・非連結子会社)
平成18年4月 サハリン・エナジー・インベストメント社とLNG売買契約調印(サハリンⅡプロジェクト)