西部瓦斯
本店:福岡市博多区千代一丁目17番1号

【商号履歴】
西部瓦斯株式会社(1930年12月1日~)

【株式上場履歴】
<東証1部>1974年1月11日~
<大証1部>1950年4月6日~
<福証>1949年7月4日~

【合併履歴】
1943年7月 日 九州瓦斯株式会社

【沿革】
昭和5年12月 東邦瓦斯株式会社から福岡、熊本、佐世保、長崎各市の供給区域を分離して、本社を福岡市におき、資本金1千万円をもって西部瓦斯株式会社を設立。
昭和18年7月 九州瓦斯株式会社(供給区域小倉、門司、八幡、若松、戸畑及び島原の各市)を吸収合併。
昭和22年1月 熊本工場(現萩原供給所)が操業を開始。
昭和24年6月 福岡証券取引所に株式を上場。
昭和24年7月 西部瓦斯副産株式会社(現・西部ガスエネルギー株式会社)を設立。
昭和25年4月 大阪証券取引所に株式を上場。
昭和26年10月 福岡工場(現福北工場)が操業を開始。
昭和39年4月 供給ガスの熱量変更。(1m3当たり15.06978メガジュール(3,600キロカロリー)から18.837225メガジュール(4,500キロカロリー)へ)
昭和46年9月 時津工場(旧長崎工場)が操業を開始。
昭和46年10月 株式会社シティーサービス(現・西部ガス興商株式会社)を設立。
昭和49年1月 東京証券取引所に株式を上場。
昭和52年10月 北九州工場が操業を開始。
昭和59年4月 西部ガスリビング販売株式会社(現・西部ガスリビング株式会社)を設立。
昭和61年7月 北九州工場に原料としてLNG(液化天然ガス)の導入を開始。
昭和63年8月 福岡市博多区千代に本社を移転。
平成元年3月 北九州地区から天然ガス転換を開始。(1m3当たり18.837225メガジュール(4,500キロカロリー)から46.04655メガジュール(11,000キロカロリー)へ)
平成5年10月 福岡工場(現福北工場)にLNG基地を新設し、マレーシアからLNGの導入を開始。
平成6年10月 ガスお客さま数が、100万戸を突破。
平成12年4月 熊本第2製造所(現熊本工場)が操業を開始。
平成13年10月 熊本工場(現萩原供給所)で九州ガス圧送株式会社から製品ガスの受入れを開始。
平成15年3月 長崎新工場(現長崎工場)が操業を開始。
平成17年7月 長崎地区を最後に全社で天然ガス転換作業を完了。