※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

情報技術開発
本店:東京都新宿区西新宿六丁目8番1号

【商号履歴】
情報技術開発株式会社(1984年10月~)
株式会社日本コンピューター・サービス・センター(1968年9月2日~1984年10月)

【株式上場履歴】
<東証JASDAQ>2013年7月16日~2016年2月2日(株式併合によりNCSCホールディングス株式会社及び株式会社セールス・プロモーション・センターが全部取得)
<大証JASDAQ>2010年4月1日~2013年7月15日(東証に統合)
<ジャスダック>2004年12月13日~2010年4月1日(取引所閉鎖)
<店頭>1993年12月14日~2004年12月12日(店頭登録制度廃止)

【沿革】
昭和43年9月 情報サービス企業として、株式会社日本コンピューター・サービス・センターを設立、本社を東京都千代田区に、大阪営業所を大阪市東区に設置し、コンピュータの管理運営およびプログラム開発業務の受託を開始。
昭和53年9月 LSI開発関連分野に進出。
昭和59年3月 関西支社を設置。(大阪営業所を関西支社と改組)
昭和59年6月 社団法人情報サービス産業協会が結成され、これに加入。
昭和59年10月 社名を現社名「情報技術開発株式会社」に変更し、本社を東京都新宿区四谷三丁目1番3号へ移転。
昭和60年4月 九州営業所を新設。(現九州支社)
昭和61年4月 東京支社を設置。
昭和63年4月 中部営業所を新設。(現中部支社)
平成4年4月 組織再編により、電子デバイス技術センターを新設。
平成5年12月 日本証券業協会に株式を店頭登録。
平成6年3月 本社および東京支社を東京都新宿区西新宿四丁目15番3号へ移転。
平成7年2月 独立系ソフトウェア企業13社と共に共同組織ITA(インフォメーション・テクノロジー・アライアンス)に参画。
平成11年3月 財団法人日本情報処理開発協会より「プライバシーマーク使用許諾事業者」としての認定を受ける。
平成12年4月 電子デバイス技術センターと東京支社の組み込みソフトウェア開発分野を統合し、横浜支社に改称。
平成12年9月 横浜支社の組み込みソフトウェア開発分野(現E・U・L事業統括部)でISO9001の認証を取得。
平成14年7月 関西支社の組み込みソフトウェア開発分野(現E・U・L事業統括部)でISO9001の認証を取得。
平成16年2月 CMM(ソフトウェア能力成熟度モデル)レベル3の達成。
平成16年7月 アルティオーラ・システム株式会社に出資。
平成16年8月 本社および東京支社を東京都新宿区西新宿六丁目8番1号へ移転。
平成16年12月 日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場。
平成16年12月 株式会社グローバル・セキュリティ・デザインに資本参加し、生体認証分野へ進出。 
平成17年3月 全社を対象にISO14001の認証を取得。
平成17年4月 組織変更により、横浜支社をE・U・L事業統括部に改称。
平成17年12月 半導体研究開発施設「北九州ラボラトリ」を設置。
平成18年10月 「平成18年度情報化促進貢献企業」として経済産業大臣表彰受賞