※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

タイトー
本店:東京都千代田区平河町二丁目5番3号

【商号履歴】
株式会社タイトー(1972年8月~2006年3月31日株式会社SQEXに合併)
太東貿易株式会社(1953年8月~1972年8月)

【株式上場履歴】
<東証1部>2003年9月1日~2006年3月7日(株式会社SQEXに合併)
<東証2部>1993年8月5日~2003年8月31日(1部に指定替え)

【合併履歴】
2000年10月 日 株式会社京セラマルチメディアコーポレーション
1986年4月 日 パシフィック工業株式会社
1986年4月 日 日本自動販売機株式会社

【沿革】
昭和28年8月 東京都港区に太東貿易株式会社設立。(資本金300万円)。輸入雑貨類の販売、国内初のウォッカの醸造、販売、小型自動販売機(ピーナッツベンダー)の製造、販売業務を開始。
昭和29年10月 ジュークボックスの賃貸業務を開始。
昭和31年4月 純国産ジュークボックス1号機を開発。
昭和31年10月 アミューズメント機器の販売、賃貸業務を開始。
昭和36年12月 取扱機器の整備工場を赤羽(東京都北区)に設置。
昭和38年10月 自社ブランド製品の企画、開発、製造を目的とした子会社パシフィック工業株式会社を設立。
昭和41年10月 取扱機器の整備工場を赤羽から綱島(横浜市港北区)に移転。
昭和41年11月 オリンピアゲーム機(景品付メダルゲーム機)の営業展開を目的とした子会社太栄商事株式会社(現株式会社タイトーアルト)を設立。
昭和46年7月 アミューズメント施設の強化を目的として日本自動販売機株式会社を買収。
昭和47年7月 家電製品の輸入販売を目的とした子会社株式会社ディスコを設立。
昭和47年8月 商号を株式会社タイトーに変更。
昭和48年3月 米国での業務用アミューズメント機器の販売を目的とした子会社タイトーアメリカコーポレーションを設立。
昭和54年6月 生産拠点として海老名市(神奈川県)に海老名工場を設置し、綱島工場の機能を集約。
昭和60年4月 業務用映像カラオケ機器の取扱いを開始。
昭和61年3月 京セラ株式会社の資本参加により京セラグループの一員となる。
昭和61年4月 子会社パシフィック工業株式会社及び日本自動販売機株式会社を吸収合併。
昭和63年6月 欧州での業務用アミューズメント機器の販売を目的として英国に子会社タイトー(ヨーロッパ)コーポレーションリミテッドを設立。
昭和63年8月 創立35周年を機にCIを実施。
平成4年4月 太栄商事株式会社の商号を株式会社タイトーアルトに変更。
平成4年9月 ISDN通信回線を利用した業務用映像カラオケ機器「X-2000」の製造・販売を開始。
平成5年8月 東京証券取引所市場第二部に株式を上場。
平成7年7月 研究・開発・生産拠点として新海老名工場を竣工。
平成7年8月 マルチメディア事業の営業展開を目的として、株式会社京セラ マルチメディア コーポレーション(家庭用マルチメディア端末機器のデータ配信会社)を設立。
平成7年10月 カラオケ及びゲームや各種情報の導入端末機器として、世界初の家庭用マルチメディア端末機器の販売を開始。
平成8年6月 タイトーアメリカコーポレーションを清算。
平成8年7月 中国北京市に合弁会社「北京泰信文化娯楽有限公司」を設立。
平成10年2月 タイトー(ヨーロッパ)コーポレーションリミテッドを清算。
平成11年3月 業務用アミューズメント機器生産システムとして国際品質保証規格「ISO9001」の認証を取得。
平成11年12月 海老名工場(現:海老名開発センター)における環境マネジメントシステム国際環境規格「ISO14001」の認証を取得。
平成12年10月 ネットビジネスの強化を目的として、株式会社京セラ マルチメディア コーポレーションを吸収合併。
平成13年1月 開発拠点を海老名工場に集約し、名称を海老名開発センターに変更。
平成14年3月 全事業所で環境マネジメントシステム国際環境規格「ISO14001」の認証を取得。
平成14年12月 全国直営店舗で環境マネジメントシステム国際環境規格「ISO14001」の認証を取得。
平成15年9月 東京証券取引所市場第一部銘柄に指定。
平成16年5月 韓国ソウル市にアミューズメント施設運営を目的とした子会社「タイトーコリア」を設立。