※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ナガワ
本店:北海道伊達市長和町467番地2

【商号履歴】
株式会社ナガワ(?~)
株式会社後志第一臨床検査センター(?~?)

【株式上場履歴】
<東証1部>2015年12月17日~
<東証JASDAQ>2013年7月16日~2015年12月16日(1部指定)
<大証JASDAQ>2010年4月1日~2013年7月15日(東証に統合)
<ジャスダック>2004年12月13日~2010年4月1日(取引所閉鎖)
<店頭>1991年10月3日~2004年12月12日(店頭登録制度廃止)

【合併履歴】
1988年10月1日 株式会社ナガワ

【沿革】
故会長高橋勲は、昭和41年、それまで続けていた農業から転業し、国道37号線沿いの北海道伊達市長和町467番地2に用地を求め、ガソリンスタンド経営を目的に株式会社長和石油を設立いたしました。当社(形式上の存続会社は旧株式会社後志第一臨床検査センターであり、その後商号変更を行い株式会社ナガワとなる)は、株式会社ナガワ(設立当時の商号は株式会社長和石油であり、その後商号変更を行う)の株式額面変更のため昭和63年10月1日を合併期日として、同社を合併し、資産負債及び権利義務一切を引継ぎましたが、合併前の当社は休業状態にあり、合併後において被合併会社の営業活動を全面的に承継いたしました。従って実質上の存続会社は、被合併会社である株式会社ナガワ(本店 北海道伊達市)でありますので実質上の存続会社について、設立後現在までの会社の沿革を記載いたします。
昭和41年7月 北海道伊達市に株式会社長和石油を設立(資本金500万円)、石油類の販売を開始。
昭和46年5月 建設機械の賃貸業を開始。
昭和49年11月 ユニットハウス(商品名スーパーハウス)の製造、販売、賃貸業を開始。
昭和53年3月 商号を「株式会社ナガワ」と改称。
昭和56年4月 埼玉県大宮市に株式会社関東スーパーハウスを設立(資本金3,000万円)し、本州地区の営業所(大宮・宇都宮・郡山)の営業権を譲渡。(同社は昭和61年4月商号を株式会社ナガワ(本社 大宮:以下埼玉ナガワという)に改称、昭和63年5月株式会社ナガワ(本社伊達市)に吸収合併)
昭和57年12月 実用新案特許登録(スーパーハウス)。
昭和63年1月 石油部門・建販部門を分離し、株式会社ナガワ石油(資本金500万円)〔平成3年1月 株式会社ホクイーに吸収合併される。〕、株式会社ナガワ建販(資本金500万円)(現連結子会社)をそれぞれ設立。
昭和63年5月 埼玉ナガワを吸収合併(新資本金1,485万円)。
昭和63年10月 株式の額面変更の為株式会社ナガワ(旧後志第一臨床検査センター)と形式合併。
平成3年10月 社団法人日本証券業協会へ店頭登録。
平成4年7月 北海道本社・伊達営業所を新設移転。
平成6年1月 住宅設備機器、事務用機械器具、家庭用電気製品の仕入販売・賃貸を主な事業目的とする株式会社建販(資本金1,000万円)(現連結子会社)を設立。
平成8年10月 住宅設備機器、事務用機械器具、家庭用電気製品の仕入販売・賃貸を主な事業目的とする株式会社トータルサービス(資本金3,000万円)を設立。
平成10年7月 株式会社建販は株式会社トータルサービスを吸収合併(資本金1億2,000万円)。
平成16年12月 日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場。
平成18年4月 北海道、埼玉の二本社体制を、一本社体制(埼玉)に統合。