※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

日動火災海上保険
本店:東京都中央区銀座五丁目3番16号

【商号履歴】
日動火災海上保険株式会社(1946年12月3日~2004年10月1日東京海上火災保険株式会社に合併)
日本動産火災保険株式会社(1914年1月25日~1946年12月3日)

【株式上場履歴】
<東証1部>1949年10月7日~2002年3月26日(株式会社ミレアホールディングスに株式移転)
<大証1部>1955年5月12日~2002年3月26日(株式会社ミレアホールディングスに株式移転)

【合併履歴】
1944年8月 日 東邦火災保険株式会社

【沿革】
当社は、大正3年1月25日、東京物品火災保険株式会社の月掛火災保険事業を継承し、新たに日本動産火災保険株式会社の名称をもって大阪市に事業を開始した。
昭和19年5月、本社を東京に移し、同年8月に東邦火災保険株式会社を合併、従来の小口月掛保険を簡易火災保険と改称し、その他普通火災、海上、運送の一般保険事業を営むこととなった。
昭和21年12月3日、商号を現在の日動火災海上保険株式会社と変更した。
以後、当社は、家計保険分野を主な基盤として発展を重ねる一方、企業保険分野にも著しい進展をみせている。加えて、積立ファミリー交通傷害保険の開発など、常に時代のニーズに即応した新商品の提供を行い、顧客の信頼を得て、今日の総合損害保険会社としての地位を築いている。
ニチドウインベストメント(ルクセンブルグ)エス・エーについては、昭和62年3月に有価証券投資を目的として設立した。また、日動生命保険株式会社は、平成8年8月に当社の100%出資により設立し、同年10月より営業を開始した。
平成14年4月2日、当社は、保険自由化時代における競争力を一層強化するため、東京海上火災保険株式会社と共同で保険持株会社である株式会社ミレアホールディングスを設立し、その完全子会社となった。当社株式については、昭和24年10月より東京証券取引所、昭和30年5月より大阪証券取引所にそれぞれ上場してきたが、平成14年4月、当社の株主が完全親会社「株式会社ミレアホールディングス」1社となることに伴い、平成14年3月26日をもって上場を廃止し、非上場株式となった。
平成15年4月1日、当社100%子会社であった日動生命保険株式会社を株式会社ミレアホールディングスの直接の子会社とした。(平成15年10月1日、日動生命保険株式会社と東京海上あんしん生命保険株式会社が合併し、東京海上日動あんしん生命保険株式会社が発足。)