両毛システムズ
本店:群馬県桐生市広沢町三丁目4025番地

【商号履歴】
株式会社両毛システムズ(1982年6月~)
株式会社両毛電子計算センター(1970年1月31日~1982年6月)

【株式上場履歴】
<大証JASDAQ>2010年4月1日~
<ジャスダック>2004年12月13日~2010年4月1日(取引所閉鎖)
<店頭>1990年11月27日~2004年12月12日(店頭登録制度廃止)

【沿革】
昭和45年1月 ㈱両毛電子計算センター(群馬県桐生市広沢町一丁目2789番地の1)を設立
昭和45年1月 製造業、都市ガス、地方自治体、流通分野に参入
昭和47年6月 宇都宮営業所を栃木県宇都宮市に開設
昭和50年8月 医療分野に参入
昭和51年11月 姓名・住所・漢字DATA BASE構築
昭和51年11月 織物関連分野に参入
昭和53年2月 自社開発ビジネスコンピュータ「Ryomo Softer」の販売を開始
昭和53年6月 東京営業所を東京都新宿区に開設
昭和57年6月 商号を㈱両毛システムズに変更
昭和59年8月 印鑑登録・証明システムを開発
昭和60年4月 戸籍一部処理システムを開発
昭和60年10月 大阪営業所を大阪府豊中市に開設
昭和60年12月 ガス総合システム「GIMS」開発
昭和61年11月 ビジネスコンピュータ「Ryomo Softer」RS-368の販売を開始
昭和62年2月 織物デザインシステム「CAD-J」開発
昭和63年3月 本社ビル(群馬県桐生市広沢町三丁目4025番地)を新設、移転
昭和63年12月 「安全対策実施事業所(正式名称は情報処理サービス業電子計算機システム安全対策実施事業所)」として通産大臣より認定される
平成元年3月 「システムインテグレータ」として通産省に登録される
平成元年11月 新総合住民情報システムを開発
平成2年5月 筑波営業所を茨城県つくば市に開設
平成2年11月 株式を(社)日本証券業協会(現 日本証券業協会)へ店頭登録
平成3年2月 「システムインテグレータ」として通産大臣より認定される
平成3年10月 織物デザインシステム「CAD-J/Super」開発
平成4年9月 「RS戸籍総合システム」が法務省より認容される
平成5年5月 「ジャカード織物織り上がりシミュレーションシステム」開発
平成6年2月 ガス統合システム「GINS」シリーズ開発
平成7年9月 織物デザインシステム「CAD-J/Win」開発
平成7年11月 調剤薬局支援システム「Pharmacy PRO」開発
平成7年12月 インターネット事業に参入
平成8年1月 Civic-Station戸籍情報総合システム開発
平成9年3月 「特定システムオペレーション企業」として通産大臣より認定される
平成10年3月 英国BVQIの審査により米国のRABとオランダのRVAから「ISO9001」の認証を取得
平成10年11月 ㈱両毛ビジネスサポート(関連会社)を設立
平成10年11月 (社)情報サービス産業協会より「プライバシーマーク」の認証を受ける
平成13年4月 ADSL運営会社「ブロードバンドシティ太田(BBCO)」を太田市、地元企業4社と設立
平成13年4月 英国BVQIの審査により米国のRABとオランダのRVAから「ISO9001:2000」の認証を取得
平成14年1月 ㈱両毛データセンター(子会社)を設立
平成15年12月 (財)日本品質保証機構の審査により「ISMS Ver.2.0」の認証を取得
平成16年1月 新住民情報システムを市場投入
平成16年9月 ファイブスター ソリューションズ ベトナム リミテッド(子会社)を設立
平成16年12月 英国BVQIの審査により英国のUKASから「ISO14001」の認証を取得
平成16年12月 日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場
平成18年11月 英国BVQIの審査により「ISO27001」の認証を取得
平成19年3月 ガス事業者向け新パッケージシステム「GIOS」を市場投入
平成19年3月 新販売管理パッケージシステム「Crassula」を市場投入