クレオ
本店:東京都港区高輪三丁目19番22号

【商号履歴】
株式会社クレオ(1989年4月~)
株式会社東海クリエイト(1974年3月22日~1989年4月)

【株式上場履歴】
<東証JASDAQ>2013年7月16日~
<大証JASDAQ>2010年4月1日~2013年7月15日(東証に統合)
<ジャスダック>2004年12月13日~2010年4月1日(取引所閉鎖)
<店頭>1990年9月17日~2004年12月12日(店頭登録制度廃止)

【合併履歴】
2007年5月 日 株式会社ネットジーン

【沿革】
昭和49年3月 コンピュータソフトウェアの開発・販売を目的として株式会社東海クリエイトを設立
昭和55年5月 パーソナルコンピュータ用ソフトウェアパッケージの草分けとして「マイソフトシリーズ」を発売
昭和56年6月 関西営業所を開設
昭和56年9月 当社ソフトウェアパッケージの最初のヒット製品、英文ワードプロセッサ「書くべえ」を発売
昭和58年11月 ソフトウェアパッケージ製品日本語ワードプロセッサ「ユーカラシリーズ」を発売
昭和61年9月 当社ソフトウェアパッケージ事業で培った顧客サービスノウハウの外販を目的とした子会社「株式会社クリエイトラボ」(現・連結子会社)を設立、株式取得
昭和62年3月 横浜分室を開設
平成元年3月 通産省よりシステムインテグレータ企業の認定を受ける
平成元年4月 株式会社東海クリエイトから株式会社クレオに商号変更
平成元年6月 ブック型パソコン用ソフトウェアパッケージ製品「BUSI COMPO」を発売
平成2年9月 日本証券業協会に株式を店頭売買銘柄として登録
平成2年10月 毛筆印刷ソフト「筆まめ」を発売
平成4年2月 3次元表計算ソフトウェアパッケージ製品「Cubic CALC」を発売
平成5年2月 UNIX対応の業務アプリケーションパッケージ製品「CBMSクレオ・ビジネス・マネージャ・シリーズ」を発売
平成5年9月 レイアウト編集ソフト「ペイジれいあう太」を発売
平成7年7月 アミューズメント市場向けソフトウェアパッケージ製品「遊々パートナー」を発売
平成8年7月 電子アルバム作成用ソフトウェアパッケージ製品「フォトまめ」を発売
平成8年8月 デジタル・レター作成用ソフトウェアパッケージ製品「デジまめ」を発売
平成10年12月 品質管理の国際規格「ISO9001」認証取得
平成11年4月 名古屋営業所(現 名古屋事業所)を開設
平成11年8月 本社を現在地に移転
平成12年6月 Webサイト「筆まめ★ネット」開設
平成13年10月 筆まめシリーズの「ハローキティのはがきプリント」「ドラえもんのはがきプリント」を発売
平成13年11月 デジカメ写真印刷ソフト「デジカメの横綱」を発売
平成13年12月 デジカメ写真印刷ソフト「ピクチャミクス」を発売
平成14年7月 インターネット会議システム「FACE Conference TM 」を発売
平成14年8月 第三者割当増資により資本金23億3千万円に増資
平成14年10月 ブロードバンド時代に対応した新サービス「筆まめBBサービス」を開始
平成14年10月 インターネット上のアドレス帳サービス「addressport」を開始
平成15年4月 Webツール「ActiveSquare」を発売
平成16年2月 彼方㈱とWebサイト制作及び運営ツールにおいて協業開始
平成16年2月 コニカミノルタビジネスソリューションズ㈱と「アドレスオンデマンドシステム」を共同開発
平成16年11月 CBMS ZeeM会計を発売
平成16年12月 日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場
平成17年1月 ヤフー株式会社に対して業務・資本提携を実施、第三者割当増資により資本金31億49百万円に増資
平成17年6月 システム開発を目的とした子会社「株式会社クレオリンク」及び「株式会社クレオメルクス」(現・連結子会社)を設立、株式取得
平成17年8月 プリント・ソリューション分野に参入
平成17年11月 CBMS ZeeM人事給与を発売
平成18年10月 モバイル事業を目的とした子会社「株式会社ネットジーン」の株式を新規取得
平成19年3月 モバイル事業を目的とした子会社「株式会社ネットジーン」の株式を追加取得、合併契約を締結
平成19年3月 システム開発を目的とした子会社「中央システム株式会社」の株式を売却
平成19年3月 毛筆印刷ソフト「筆まめ」が累計本数1,320万本(OEM含む)を販売
平成19年4月 株式会社アルプス社と業務提携開始
平成19年5月 シニアビジネス事業を目的とした子会社「株式会社パワーウィングス」の株式を新規取得
平成19年5月 「株式会社ネットジーン」を吸収合併