アイ・エス・ビー
本店:東京都品川区大崎五丁目1番11号

【商号履歴】
株式会社アイ・エス・ビー(1986年12月~)
株式会社インフォメイション・サービス・ビューロー(1970年6月4日~1986年12月)

【株式上場履歴】
<東証1部>2015年3月24日~
<東証2部>2008年1月16日~2015年3月23日(1部指定)
<ジャスダック>2004年12月13日~2008年2月26日(上場廃止申請)
<店頭>1990年7月27日~2004年12月12日(店頭登録制度廃止)

【沿革】
昭和45年6月 コンピュータ室の運用管理を目的として株式会社インフォメイション・サービス・ビューローを設立(東京都品川区東五反田1丁目10番11号)
昭和45年8月 ソフトウエア開発及び受託事業に進出
昭和50年4月 東京都品川区西五反田2丁目21番1号に本社を移転
昭和54年11月 通信制御システム開発受注のため静岡県沼津市に沼津システム営業所を設置
昭和56年4月 近畿地区進出のため大阪市淀川区に大阪システム営業所を設置
昭和56年11月 自動車無線システム及び通信制御システム開発受注のため神奈川県大和市に大和システム営業所を設置
昭和58年5月 基本ソフト(OS)開発受注のため東京都府中市に府中システム営業所を設置
昭和59年2月 地域産業のソフトウエア開発受注のため山梨県甲府市に甲府システム営業所(現 甲府事業所)を設置
昭和59年12月 PBX(私設電話交換機)の基本ソフト開発受託のため千葉県我孫子市に千葉システム営業所(現 我孫子事業所)を設置
昭和60年5月 ソフトウエアメインテナンス株式会社設立(現 連結子会社)
昭和61年12月 東京都品川区西五反田1丁目1番8号に本社を移転
昭和61年12月 株式会社アイ・エス・ビーに商号変更
平成2年7月 社団法人日本証券業協会に株式を店頭売買有価証券として登録
平成2年11月 神奈川県茅ケ崎市に湘南システム営業所を設置
平成3年5月 宮城県仙台市に仙台システム営業所を設置
平成5年9月 沼津システムセンターを三島市へ移転し静岡システムセンター(現 三島事業所)に名称変更
平成7年1月 東京都品川区大崎5丁目1番11号に本社を移転
平成7年4月 アイエスビー・ブレインズ株式会社設立(現 連結子会社)
平成7年4月 アイエスビー応用システム株式会社設立(現 連結子会社)
平成10年12月 大和第一・大和第二・湘南・甲府の各システムセンターで品質システムの認証を取得「ISO9001/JISZ9901」
平成11年1月 東京都江東区に金融システム部の事務所を設置
平成11年1月 静岡県富士市に富士システムセンターを設置
平成11年2月 東京都品川区に情報システム事業部(現 五反田事業所)を設置
平成11年6月 業務効率化をはかるため大阪システムセンター(現 大阪事業所)を大阪府中央区へ移転
平成11年12月 大阪システムセンター(現 大阪事業所)・情報システム部・官公庁システム部・制御システム事業部で品質システムの認証を取得「ISO9001/JISZ9901」
平成12年5月 神奈川県横浜市に新横浜事業所を設置
平成13年6月 株式会社アイフィス設立
平成15年12月 マーケット拡大と収益の増強を図るため、ベトナム国ホーチミン市に ISB VIETNAM CORPORATION 設立
平成16年1月 au系メーカー向け携帯端末開発受注のため鳥取県鳥取市に鳥取事業所を設置
平成16年3月 東京都新宿区に都市型のデータセンターを設置
平成16年4月 東京地区・神奈川地区の事業所集約を実施(府中・江東・大和・湘南・富士事業所を閉鎖し、五反田事業所・新横浜事業所へ集約)
平成16年12月 株式会社アイフィス解散
平成16年12月 社団法人日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場
平成17年11月 データセンターで、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の認証を取得
平成20年1月 東京証券取引所市場第二部に株式を上場
平成20年2月 ジャスダック証券取引所の株式を上場廃止