※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

セントラル警備保障
本店:東京都新宿区西新宿二丁目4番1号新宿NSビル

【商号履歴】
セントラル警備保障株式会社(1979年3月~)
セントラルシステム警備株式会社(1972年4月19日~1979年3月)

【株式上場履歴】
<東証1部>2004年2月2日~
<東証2部>1988年12月16日~2004年2月1日(1部に指定替え)
<店頭>1986年8月22日~1988年12月15日(東証2部に上場)

【合併履歴】
1979年3月 日 セントラル警備保障株式会社

【沿革】
昭和41年3月 東京都中央区銀座西六丁目6番地に資本金100万円をもって、常駐警備を主たる事業目的とするセントラル警備保障株式会社を設立。
昭和47年1月 子会社株式会社セントラルエージェンシーを設立。
昭和47年4月 三井物産株式会社及び住友商事株式会社の共同出資により設立された日本セントラルシステム株式会社との合弁により、機械警備を主たる事業目的とするセントラルシステム警備株式会社を設立。
昭和47年11月 警備業法の施行に伴い、東京都公安委員会に「届出書」を提出。
昭和48年3月 子会社株式会社セントラルプラニングを設立(現、連結子会社 平成19年9月 東京シーエスピー株式会社に社名変更)。
昭和54年3月 セントラルシステム警備株式会社はセントラル警備保障株式会社を吸収合併し、セントラル警備保障株式会社に商号を変更。
昭和54年11月 米国ロサンゼルス市に子会社C.S.PATROL USA,INC.を設立(平成4年2月清算)。
昭和57年11月 東京都新宿区西新宿二丁目4番1号新宿NSビルに本社を移転。
昭和58年3月 警備業法の改正に伴い、東京都公安委員会より「認定証」を取得。
昭和58年8月 韓国ソウル市に大韓海運社、李孟基氏と共同出資にて関連会社大韓中央警備保障株式会社を設立。(平成16年7月清算)
昭和61年8月 社団法人日本証券業協会(東京地区協会)に株式を店頭登録。
昭和62年8月 千代田化工建設株式会社と共同出資にて関連会社セントラル千代田株式会社を設立(平成12年11月清算)。
昭和63年8月 日本貨物鉄道株式会社と共同出資にて関連会社ジェイアールエフ・パトロールズ株式会社を設立。
昭和63年12月 東京証券取引所市場第二部に株式を上場。
平成3年7月 関西地区を営業拠点とする警備保障会社、株式会社テイケイ(現、連結子会社関西シーエスピー株式会社)を買収。
平成4年11月 セントラル警備保障株式会社を中心に全国の優良警備会社で構成するセントラル セキュリティ リーグ(CSL)を発足。
平成9年4月 子会社エスシーエスピー株式会社を設立。
平成9年12月 東日本旅客鉄道株式会社と「業務提携基本契約」を締結。
平成12年12月 株式会社ケンウッド他2社と共同出資にて子会社ケイ・フロンティア株式会社(現、株式会社CSPフロンティア研究所)を設立。
平成13年6月 子会社第二エスシーエスピー株式会社を設立。(平成19年9月 子会社エスシーエスピー株式会社と合併。現、エスシーエスピー株式会社)
平成13年10月 株式会社セカードシステム(現、連結子会社新安全警備保障株式会社)を三井物産株式会社から買収。
平成15年5月 ISMS(情報セキュリティマネジメント・システム)認証を取得。
平成16年2月 東京証券取引所市場第一部に株式を上場。
平成16年8月 新安全警備保障株式会社(現、連結子会社)が、水戸市の株式会社安全警備よりセキュリティ事業に関する営業の全部を譲受け、営業開始。
平成16年10月 株式会社CSPフロンティア研究所(旧、ケイ・フロンティア株式会社を当社安全技術研究所と統合の上、社名変更)、当社グループのセキュリティシステムに関する研究・開発業務開始。
平成17年11月 岐阜県東濃地方を営業拠点とする警備保障会社、株式会社トーノーセキュリティ(現、関連会社)に資本参加。
平成18年10月 株式会社インスパイアと共同出資にてスパイス株式会社(現、関連会社)を設立。
平成19年10月 株式会社エム・シー・サービスと共同出資にて子会社株式会社CSPほっとサービスを設立。