ニチイ学館
本店:東京都千代田区神田駿河台二丁目9番地

【商号履歴】
株式会社ニチイ学館(1975年8月~)
株式会社保育総合学院(1973年8月2日~1975年8月)

【株式上場履歴】
<東証1部>2002年9月2日~
<東証2部>1999年3月11日~2002年9月1日(1部に指定替え)
<店頭>1995年7月28日~1999年3月10日(東証2部に上場)

【合併履歴】
2003年1月 日 シルバーサービス株式会社
2002年4月 日 株式会社アイタック
2000年10月 日 株式会社デベロ介護センター
1999年7月 日 株式会社ヘルシーライフサービス
1990年1月1日 株式会社全医研
1976年4月 日 株式会社日本医療事務学院

【沿革】
当社は、平成2年1月1日に株式会社全医研を吸収合併し、病院における医事業務受託を開始し、平成3年9月1日に全国医療事務研究会から診療所における医事業務の移管を受け、当該業務を開始しております。以下、株式会社全医研(昭和58年7月設立)及び全国医療事務研究会(昭和43年12月設立)を含めて現在に至るまでの変遷を記載しております。
昭和43年12月 現 代表取締役会長寺田明彦が個人で医事業務の受託事業を開始し、医事研究センター(現 全国医療事務研究会)を東京都世田谷区に設立。
昭和45年4月 株式会社サンルームは、移動入浴および福祉用具レンタル・販売事業を主目的として株式会社サンルーム(資本金1,000千円)を愛知県豊田市に設立。
昭和46年5月 通学形式での体系的医療事務教育を開始し、現在の当社の医事教育部門の前身である株式会社日本医療事務学院(資本金4,010千円)を東京都千代田区に設立。
昭和47年9月 株式会社東京丸の内出版は、教育事業にかかる学習図書、学術図書の出版を目的として株式会社東京丸の内出版(資本金20,000千円)を東京都千代田区に設立。
昭和47年10月 全国医療事務研究会が全国的な事業展開を開始(現在の当社診療所・調剤薬局等受託業務部門の前身)。
昭和48年8月 家庭保育に関する知識の普及と保母試験受験準備の教育を目的として、株式会社保育総合学院(資本金20,000千円)を東京都千代田区に設立。
昭和49年9月 医療事務教育講座(医科)のテキストが、労働省認定教材に指定。
昭和50年8月 株式会社保育総合学院を株式会社ニチイ学館と商号変更。
昭和51年4月 企業体制の強化と事業活動の拡大を図り、医療事務教育を中心に社会教育事業を展開する基盤を築くため、株式会社日本医療事務学院(資本金99,929千円)を吸収合併(合併比率1:1)。
昭和51年4月 株式会社東京丸の内出版は、株式会社ニチイ学館に株式を譲渡し、株式会社ニチイ学館100%出資子会社となる。
昭和55年8月 全国医療事務研究会とともに47都道府県全て地方事業拠点を設置し全国営業体制を確立(10支社98支店)。
昭和58年1月 株式会社ニチイシステムサービス(現株式会社日本サポートサービス以下同じ)は、コンピュータおよび通信システムの研究・開発を主目的として株式会社ニチイシステムサービス(資本金20,000千円)を東京都千代田区に設立。
昭和58年2月 株式会社ニチイシステムサービスは、株式会社ニチイ学館に株式を譲渡し、株式会社ニチイ学館100%出資子会社となる。
昭和58年7月 公立病院の業務委託増に対応して、株式会社全医研(資本金30,000千円)を東京都千代田区に設立(現在の当社病院受託業務部門の前身)。
昭和62年1月 医療事務オリジナル業務システムを開発し、全国医療事務研究会でマンマシンシステム(コンピュータ持込による業務受託システム)として、診療所の医事業務に導入を開始。
昭和62年3月 医薬品および医薬部外品の販売を主目的として、有限会社サンフラワー薬局(資本金5,000千円)(現株式会社サンメディック)を東京都港区に設立。
昭和63年12月 株式会社ニチイシステムサービスは、上田発送センターを設置。
平成2年1月 当社の育成した人材の病院受託業務部門での有効活用による企業体質の強化を図るため株式会社全医研(資本金171,000千円)を吸収合併(合併比率1:1)。
平成3年9月 病院受託業務部門、診療所・調剤薬局等受託業務部門、教育事業部門を一体化するため、全国医療事務研究会の診療所業務部門を当社へ移管。
平成3年11月 事業拡大による体制整備を図るため、東京本社ビルを設置。
平成4年1月 株式会社サンメディックは、有限会社サンフラワー薬局から商号を株式会社サンメディックに変更。
平成5年5月 株式会社サンメディックは、本店を神奈川県藤沢市に移転。
平成5年7月 ジャーマン・アイリス等の花卉の生産と販売を目的として株式会社エム・アンド・アール(資本金40,000千円)(現株式会社ローリス)を東京都千代田区に設立。
平成5年9月 株式会社ローリスは、株式会社ニチイ学館に株式を譲渡し、株式会社ニチイ学館100%出資子会社となる。
平成6年1月 株式会社ローリスは、株式会社エム・アンド・アールから商号を株式会社ローリスに変更。
平成6年6月 医療事務教育講座(歯科)のテキストが、労働省認定教材に指定。
平成6年12月 医療関連サービス事業の新たな展開として、医療機関の医療用器材の消毒・滅菌業務を開始。
平成7年2月 財団法人医療関連サービス振興会の医療関連サービスマーク(マル適マーク)を取得。
平成7年7月 日本証券業協会に株式を店頭登録。
平成7年7月 株式会社東京丸の内出版、株式会社ニチイシステムサービスおよび株式会社ローリスは、本社を東京都千代田区錦町から東京都千代田区猿楽町に移転。
平成7年8月 本社ビルを東京都千代田区神田駿河台に新築し、本社を移転。
平成10年5月 株式会社サンメディックは、株式会社ニチイ学館に株式を譲渡し、株式会社ニチイ学館87%出資子会社となる。
平成10年6月 ヘルスケアスタッフ研修等を目的として、千葉県柏市に総合センター設置。
平成10年6月 株式会社サンメディックは、第三者割当増資(資本金101,000千円)により、株式会社ニチイ学館95%出資となる。また、本店を東京都千代田区に移転する。
平成11年3月 東京証券取引所市場第2部上場。
平成11年5月 株式会社サンルームは、株式会社ニチイ学館に株式を譲渡(株式会社ニチイ学館15%出資)
平成11年7月 株式会社ヘルシーライフサービスを吸収合併。
平成12年3月 株式会社サンルームは、第三者割当増資(資本金171,250千円)により、株式会社ニチイ学館51.5%出資子会社となる。
平成12年3月 京浜ライフサービス株式会社は、第三者割当増資(資本金850,000千円)により、株式会社ニチイ学館50.3%出資子会社となる。
平成12年4月 介護保険制度施行 介護拠点770ヵ所を全国に設置。
平成12年8月 株式会社サンルームが株式会社たかひこを吸収合併し、商号を株式会社アイタックに変更。株式会社ニチイ学館35.8%出資となる。
平成12年10月 株式会社デベロ介護センターを吸収合併。
平成13年3月 株式会社サンメディックは、株式会社ニチイ学館に株式を譲渡し、株式会社ニチイ学館100%出資子会社となる。
平成13年9月 医事部門及び介護部門において、ISO9001(2000年度版)の認証を取得する。
平成13年11月 株式会社アイタックは、株式の追加取得により、株式会社ニチイ学館53.97%出資子会社となる。
平成13年12月 株式会社アイタックは、第三者割当増資(資本金396,434千円)により、株式会社ニチイ学館67.71%出資となる。
平成14年4月 株式会社アイタックを吸収合併。
平成14年4月 株式会社ニチイシステムサービスは、株式会社日本サポートサービスに商号変更。
平成14年9月 株式会社東京証券取引所市場第1部に指定替え。
平成15年1月 シルバーサービス株式会社を吸収合併。
平成15年9月 京浜ライフサービス株式会社を完全子会社とするため株式交換を行い、株式会社ニチイ学館100%出資子会社となる。
平成16年8月 株式会社サンメディックは、第三者割当増資(株式会社ニチイ学館引受)を行い、資本金151,000千円となる。
平成17年7月 株式会社ニチイパワーバンクは、株式会社パワーバンクに商号変更。
平成17年9月 株式会社サンメディックの株式を株式会社ファーマホールディングに譲渡する。
平成19年1月 レハティームジャパン株式会社は、株式会社ニチイケアネットに商号変更。
平成19年3月 株式会社パワーバンクを会社清算。
平成19年3月 「10支社」体制を「18営業統括部」体制へ再編。また、「98支店」体制を「47教育事業基幹支店」、「96医療関連事業支店」、「96ヘルスケア事業支店]体制へ再編。