※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

レッドホースコーポレーション
本店:東京都千代田区麹町一丁目10番地

【商号履歴】
レッドホースコーポレーション株式会社(2016年4月1日~)
RHトラベラー株式会社(2009年10月1日~2016年4月1日)
トラベラー株式会社(1992年7月~2009年10月1日)
株式会社トラベラー商会(1964年3月12日~1992年7月)

【株式上場履歴】
<大証JASDAQ>2010年4月1日~2012年2月24日(トラベラー・ホールディングスが全部取得)
<ジャスダック>2004年12月13日~2010年4月1日(取引所閉鎖)
<店頭>1989年7月27日~2004年12月12日(店頭登録制度廃止)

【沿革】
昭和39年3月 海外渡航者を対象に渡航用品の販売を目的として、大阪市北区に資本金750千円で株式会社トラベラー商会を設立。
昭和41年6月 九州地区販売拠点として、福岡営業所を開設。
昭和42年10月 中京地区販売拠点として、名古屋営業所を開設。
昭和43年11月 大阪物流センターを設置。
昭和46年10月 関東地区販売拠点として、東京営業所を開設。
昭和49年3月 海外土産品販売を本格開始。
昭和52年5月 中国地区販売拠点として、広島営業所を開設。
昭和58年4月 東北地区販売拠点として、仙台営業所を開設。
昭和60年3月 北陸地区販売拠点として、金沢営業所を開設。
昭和62年1月 全社トータルコンピューター・ネットワークシステムが稼働開始。
昭和62年6月 甲信越地区販売拠点として、長野営業所を開設。
昭和62年10月 本社を、現在の東京都千代田区麹町1丁目10番地に移転。
昭和63年6月 輸入酒類の販売許可を取得。
昭和63年7月 南九州地区販売拠点として、鹿児島営業所を開設。
平成元年4月 労働者派遣事業資格の認可取得。
平成元年7月 社団法人日本証券業協会に店頭登録銘柄として株式を登録。
平成元年7月 四国地区販売拠点として、高松営業所を開設。
平成2年7月 北海道地区販売拠点として、札幌営業所を開設。
平成4年7月 CI導入、トラベラー株式会社に商号変更。
平成6年1月 事業部制を導入。トラベラーサービスセンター大阪(現・トラベラーお客様申込センター)を開設。
平成6年5月 輸入食品、菓子業務拡大のため、出資比率80%子会社ウイングエース株式会社を設立。
平成6年6月 店舗販売網拡充のため、大阪店を開設。
平成6年9月 関西国際空港の開港に伴ない関西空港店を開設。
平成7年4月 九州地区の店舗販売網拡充のためアクロス店を開設。
平成9年5月 関西国際空港周辺の店舗販売網拡大のためりんくう店を開設。
平成11年3月 成田空港事務所を開設。
平成11年4月 名古屋空港事務所、関西空港事務所を開設。
平成11年5月 福岡空港店、福岡空港事務所を開設。
平成11年10月 有料職業紹介事業資格取得。
平成12年7月 新千歳空港内に輸入ブランド商品販売の「brand‐a′」を開設。
平成12年8月 大阪府八尾市に物流センターを移転。
平成12年12月 関西国際空港内に食品販売店「おむすびや。」を開設。
平成13年9月 福岡空港内に業務の拡販を図るため「トラベラー福岡空港海外おみやげ予約サービスカウンター」を開設。
平成14年9月 東南アジアにおける業務拡大のため、出資比率49%子会社TRAVELER OVERSEAS CO.,LTDをタイに設立。
平成15年6月 決算公告の電子化を実施。(ホームページアドレス http://www.traveler.co.jp/ir/koukoku.html)
平成15年8月 「トラベラービジネス行動基準書」の策定。
平成15年9月 出資比率100%子会社テテ株式会社に対して、ビジネスサポート事業を譲渡。
平成16年2月 免税品卸販売、商品の輸出・販売を目的として、TRAVELER OVERSEAS CO., LTDの100%出資会社TRAVELER HONG KONG CO., LTDを中国に設立。
平成16年10月 店舗事業、EC・ギフト事業を会社分割し、出資比率100%新設子会社「アイマーケット株式会社」に承継。
平成16年12月 日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場。
平成18年6月 インターネットに特化した物品販売事業分野への本格的進出を目的とする「株式会社シードリング」を設立。
平成18年10月 出資比率100%の子会社である株式会社アステージ(旧テテ株式会社)の全株式を株式会社フジスタッフに売却いたしました。