※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

真電
本店:新潟市万代二丁目3番16号

【商号履歴】
株式会社真電(1975年8月~2007年3月1日株式会社ノジマに合併)

【株式上場履歴】
<東証2部>2000年3月1日~2007年2月23日(株式会社ノジマに合併)
<新証>1991年10月 日~2000年3月1日(取引所閉鎖)

【合併履歴】
1988年8月 日 株式会社真電商会

【沿革】
昭和36年5月 家電製品小売業を目的として、新潟市新島町通に株式会社真電商会(資本金2,000千円)を設立。
昭和40年6月 業容の拡大を図るため、新潟市礎町に本店を移転。
昭和46年6月 新潟市外第1号店として、直江津市(現 上越市)中央に直江津店を開設。
昭和50年8月 新潟市万代二丁目2番に株式会社真電(資本金20,000千円)を設立し、同社に営業権を譲渡する。この結果、株式会社真電と不動産賃貸業を営む株式会社真電商会に分離。(以下、主として家電製品小売業を営む株式会社真電について記載いたします。)
昭和57年12月 新潟市万代二丁目2番(本部 所在地)に鉄筋5階建の店舗を建設。なお、同建物の1階から4階までは新潟本店とし、5階を本部とする。
昭和57年12月 新潟市姥ケ山に、駅南店及び商品センターを開設。
昭和63年8月 株式会社真電商会を吸収合併し、資本金220,582千円となる。
昭和63年11月 新潟市万代二丁目3番に本部を移転。
平成元年4月 佐渡郡金井町(現 佐渡市)に金井DS店を開設し、店舗数30店舗となる。
平成元年10月 POS(販売時点情報管理)システムを全店舗に設置。
平成2年7月 長岡市新産に長岡センターを開設。
平成3年10月 株式を新潟証券取引所に上場。
平成7年7月 長岡市大島本町に携帯電話、ポケットベル等を扱うドコモショップ長岡店を開設。
平成12年3月 新潟証券取引所の合併に伴い、株式が東京証券取引所市場第二部に移行。
平成12年11月 ラオックス株式会社との合弁会社で、情報商品の取扱いを主とするラオックス真電株式会社(連結子会社)を設立する。
平成14年4月 ラオックス株式会社を割当先とする第三者割当増資を実施し、同社と資本提携を伴う業務提携を行う。
平成15年6月 長岡市堺東町に売場面積約3,000㎡の超大型店ラオックス真電長岡店を開設する。
平成17年3月 ラオックス真電株式会社より営業の全部を譲受け同社は解散する。