※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

本店:高松市多賀町二丁目8番2号


【商号履歴】
株式会社セシール(1983年5月~2013年7月1日株式会社ディノスに合併)
東洋物産株式会社(1974年8月28日~1983年5月)

【株式上場履歴】
<東証1部>2002年1月30日~2010年2月24日(株式会社フジ・メディア・サービスと株式交換=金銭交付)
<大証1部>2001年12月3日~2004年12月27日(上場廃止申請)
<大証2部>1997年8月4日~2001年12月2日(1部指定)
<店頭>1993年4月1日~1997年8月3日(大証2部に上場)

【沿革】
昭和47年5月 高松市福田町において正岡道一が創業し、衣料品(ストッキング)の配置販売を開始。
昭和47年9月 資本金50万円をもって有限会社アジア物産を設立。
昭和49年8月 有限会社アジア物産より全事業を引き継ぎ、東洋物産株式会社を資本金1,000万円で設立。
昭和50年2月 職域販売を中心とした通信販売を開始。
昭和50年2月 ストッキングに加えてインナーウェアの取り扱いを開始。
昭和58年5月 株式会社セシールに商号変更。
昭和60年4月 アウターウェアの取り扱いを本格的に開始。
昭和61年6月 ライフグッズの取り扱いを本格的に開始。
昭和62年8月 物流・品質管理・受注処理の拠点として、香川県大川郡志度町(現 さぬき市)に志度商品加工センターが完成。
平成3年2月 生命保険代理店業務を開始。
平成3年3月 損害保険代理店業務を開始。
平成3年8月 旅行代理店業務を開始。
平成5年4月 日本証券業協会の店頭登録銘柄として株式を公開。
平成6年7月 パソコン通信によるオンラインショッピングサービス業務を開始。
平成6年12月 商品同送チラシによる封入サービス事業を開始。
平成7年11月 インターネットにホームページを開設。
平成9年8月 大阪証券取引所市場第二部に上場。
平成11年12月 インターネット会員制組織「セシール・ネット・クラブ」を発足。
平成12年6月 上海事務所を開設し、中国からの直輸入を開始。
平成12年9月 沖縄県中頭郡嘉手納町に沖縄コールセンター(現 沖縄コンタクトセンター)を開設。
平成13年12月 大阪証券取引所市場第一部銘柄に指定。
平成14年1月 東京証券取引所市場第一部に上場。
平成15年4月 全額出資の有限会社セシールエンタープライズ(現・連結子会社:株式会社セシールビジネス&スタッフィング)を設立。
平成16年12月 東京証券取引所市場第一部への単独上場となる。
平成17年4月 プライバシーマーク(Pマーク)取得。
平成17年5月 環境マネジメントの国際規格であるISO14001の認証を取得。
平成17年11月 ライブドアグループの一員となる。
平成18年4月 札幌市中央区に札幌コンタクトセンターを開設。
平成18年7月 全額出資の株式会社セシールコミュニケーションズ(現・連結子会社)・株式会社セシールロジスティクス(現・連結子会社)・株式会社セシールプラス(現・連結子会社)を設立。
平成19年2月 全額出資の株式会社セシールブランドクリエイト(現・連結子会社)を設立。
添付ファイル