ファーストリテイリング
本店:山口県山口市佐山717番地1

【商号履歴】
株式会社ファーストリテイリング(1991年9月~)
小郡商事株式会社(1963年5月1日~1991年9月)

【株式上場履歴】
<東証1部>1999年2月1日~
<広証>1994年7月14日~2000年3月1日(取引所閉鎖)
<東証2部>1997年4月2日~1999年1月31日(1部に指定替え)

【沿革】
昭和24年3月、山口県宇部市に当社の前身である「メンズショップ小郡商事」を現代表取締役会長兼社長柳井正の実父柳井等が開業し、その後、経営基盤を整備するため法人化し、昭和38年5月「小郡商事株式会社」を設立いたしました。昭和59年6月、広島県広島市にカジュアルウエアの販売店「ユニクロ袋町店」を出店し、カジュアルウエア販売店としての第一歩を踏み出しました。ユニクロとは、ユニーク・クロージング・ウエアハウスの略称であります。
昭和38年5月 個人営業を引継ぎ、資本金6百万円にて小郡商事株式会社を設立し、本店を山口県宇部市大字小串63番地147(現 山口県宇部市中央町二丁目12番12号)におく
昭和59年6月 広島県第1号店を広島市に出店(ユニクロ袋町店、平成3年8月閉店)し、「ユニクロ」という店名でカジュアルウエア小売業に進出
平成3年9月 行動指針を表象するため、商号を小郡商事株式会社から株式会社ファーストリテイリングに変更
平成4年4月 紳士服販売店OS本店をユニクロ恩田店(平成13年6月閉店)に業態変更し、全店をカジュアルウエア販売店「ユニクロ」に統一
平成6年4月 ユニクロ日本国内直営店舗数が100店舗を超える(直営店109店舗、フランチャイズ店7店舗)
平成6年7月 広島証券取引所に株式を上場
平成8年2月 安定した商品供給体制の確立の一環として、中国山東省にニチメン株式会社や中国企業を含む5社により山東宏利綿針織有限公司を設立
平成8年3月 ユニクロ日本国内直営店舗数が200店舗を超える(直営店205店舗、フランチャイズ店10店舗)
平成9年4月 東京証券取引所市場第二部に株式を上場
平成9年11月 ユニクロ日本国内直営店舗数が300店舗を超える(直営店309店舗、フランチャイズ店11店舗)
平成10年2月 事業拡大に対応する本部機能充実のため、本社新社屋(山口県山口市佐山717番地1)を建設し移転
平成10年11月 首都圏初の都心型店舗を東京都渋谷区に出店(ユニクロ原宿店)
平成11年2月 東京証券取引所市場第一部銘柄に指定
平成11年4月 生産管理業務のさらなる充実を図るため、中国上海市に上海事務所を開設
平成12年4月 ユニクロ日本国内直営店舗数が400店舗を超える(直営店417店舗、フランチャイズ12店舗)
平成12年4月 東京都渋谷区に東京本部を開設
平成12年6月 FAST RETAILING(U.K)LTDを設立(平成16年8月解散決議、現在清算手続中)
平成12年6月 お客様の利便性向上と当社商品の認知度向上のため、首都圏JR東日本駅内にユニクロ商品を販売する店舗を開店する業務提携を東日本旅客鉄道株式会社および東日本キヨスク株式会社と締結
平成12年10月 新たな販売チャンネル開拓とお客様の利便性を高めるため、インターネット通信販売業務を開始
平成13年4月 ユニクロ日本国内直営店舗数が500店舗を超える(直営店503店舗、フランチャイズ12店舗)
平成13年8月 迅銷(江蘇)服飾有限公司を設立
平成13年9月 FAST RETAILING(U.K)LTDが英国ロンドン市に4店舗をオープンし、英国における営業を開始
平成14年4月 ファッション性のある新しいベーシック商品を開発するデザイン力を強化するため、ユニクロデザイン研究室を開設
平成14年9月 迅銷(江蘇)服飾有限公司が中国上海市に2店舗をオープンし、中国における営業を開始
平成15年6月 東京本部を東京都大田区に移転
平成15年8月 FAST RETAILING(U.K)LTDから営業業務を引継ぐため、UNIQLO(U.K.)LTD.を設立
平成15年11月 ユニクロ日本国内直営店舗数が600店舗を超える(直営店604店舗、フランチャイズ14店舗)
平成16年1月 キャリアアパレルブランド「Theory」を展開する株式会社リンク・ホールディングスに出資
平成16年8月 資本準備金7,000百万円を資本金に組み入れ、資本金を10,273百万円に増資
平成16年10月 ユニクロ初500坪級の大型店、ユニクロ心斎橋筋店(大阪府大阪市)を出店
平成16年11月 UNIQLO USA, Inc.を設立
平成16年12月 ロッテショッピング社(韓国)との間で合弁会社、FRL Korea Co., LTD.を設立
平成16年12月 商品開発力強化を目的として、UNIQLO Design Studio, New York, Inc.を設立
平成17年3月 靴小売事業を展開する株式会社ワンゾーンの株式を取得し、子会社化
平成17年3月 UNIQLO HONG KONG, LIMITEDを設立
平成17年4月 FR FRANCE S.A.S.及びGLOBAL RETAILING FRANCE S.A.S.(現 UNIQLO FRANCE S.A.S.)を設立
平成17年5月 フランスを中心に欧州でフレンチカジュアルブランド「COMPTOIR DES COTONNIERS(コントワー・デ・コトニエ)」を展開するNELSON FINANCES S.A.S.の経営権を取得し、子会社化
平成17年9月 「ASPESI」ブランドを展開する株式会社シールド(現 アスペジ・ジャパン株式会社)の株式を取得し、子会社化
平成17年11月 ユニクロ事業の再強化及び新規事業の拡大を目的として、持株会社体制に移行
平成18年2月 フランスの代表的なランジェリーブランド「PRINCESSE TAM.TAM(プリンセス タム・タム)」を展開するPETIT VEHICULE S.A.S.の株式を取得し、子会社化
平成18年3月 「ユニクロ」に次ぐブランド開発として、より低価格なカジュアル衣料品を販売する新ブランド運営会社株式会社ジーユーを設立
平成18年3月 東京本部を東京都千代田区に移転
平成18年4月 婦人服専門店を展開する株式会社キャビンの株式を取得し、関連会社化
平成18年6月 ユニクロ日本国内直営店舗数が700店舗を超える(直営店703店舗、フランチャイズ17店舗)
平成18年8月 株式会社キャビンの株式を追加取得し、子会社化
平成18年11月 婦人靴専門店チェーンを展開する株式会社ビューカンパニーに出資
平成18年11月 ユニクロ初の1000坪のグローバル旗艦店、ユニクロ ソーホー ニューヨーク店(米国ニューヨーク、ソーホー地区)を出店
平成18年12月 迅銷(江蘇)服飾有限公司から営業業務を引継ぐため、迅銷(中国)商貿有限公司を設立
平成19年3月 ユニクロ日本初の1000坪級の大型店、ユニクロ神戸ハーバーランド店(兵庫県神戸市)を出店