※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

三井倉庫ホールディングス
本店:東京都港区海岸三丁目22番23号

【商号履歴】
三井倉庫ホールディングス株式会社(2014年10月1日~)
三井倉庫株式会社(1942年3月~2014年10月1日)
東神倉庫株式会社(1909年10月11日~1942年3月)

【株式上場履歴】
<東証1部>1950年4月21日~
<大証1部>1951年3月5日~2013年7月15日(東証に統合)

【合併履歴】
2001年4月1日 三井倉庫オフィスビルディング株式会社

【沿革】
明治42年10月11日 三井銀行倉庫部より「東神倉庫株式会社」として分離独立、本店を東京に、支店を東京、神戸、門司に設置
大正2年 横浜派出開業(大正12年横浜支店となる)
大正6年8月 神戸桟橋会社の海上業務を買収し、港湾運送事業に進出
大正7年1月 大阪倉庫会社を買収、大阪支店として営業を開始
大正11年9月 名古屋出張所設置(昭和12年名古屋支店となる)
昭和17年3月 社名を「三井倉庫株式会社」と改称
昭和19年 戦時体制下に発足した「日本倉庫統制㈱」に各地の主要施設を供出
昭和20年 日本倉庫統制㈱から供出施設及び業務の返還を受け、各支店とも営業を再開
昭和23年7月 大阪に「大正運輸㈱」設立(昭和42年現社名の「三井倉庫港運㈱」に改称)(現・連結子会社)
昭和25年4月 東京証券取引所に株式を上場
昭和25年8月 福井に「是則倉庫運輸㈱」設立(昭和41年「福井三則倉庫運輸㈱」と改称、平成4年現社名の「㈱ミツノリ」に改称)(現・連結子会社)
昭和36年3月 北海道釧路に「北海三井倉庫㈱」を設立(現・連結子会社)
昭和41年8月 自動車運送取扱業を開始
昭和43年3月 海上コンテナの取扱いと国内におけるコンテナ・ターミナルの運営を開始
昭和44年4月 貨物自動車運送業の免許取得、コンテナのトラック輸送開始
昭和45年9月 東京に「千代田ビジネスデザイン㈱」を設立(昭和54年「㈱サン・コンピュータ・サイエンス」に改称)
昭和52年12月 本店に国際部、プラント部設置、国際運送業務を本格展開
昭和54年8月 シンガポールに「MITSUI-SOKO (SINGAPORE) PTE. LTD.」設立(現・連結子会社)
昭和57年6月 IATA航空貨物代理店資格取得、航空貨物取扱業務を本格化
昭和57年12月 米国・ニューヨークに「MITSUI-SOKO (U. S. A.) INC.」設立(現・連結子会社)
昭和59年1月 東京に「三井倉庫オフィスビルディング㈱」設立(注) 同社は平成13年4月1日をもって当社が吸収合併した。
昭和59年11月 本店所在地を「東京都中央区日本橋箱崎町」から「中央区日本橋茅場町一丁目」に移転
昭和61年11月 ビッグバッグ業務(トランクルーム保管、引越等の非商品対象業務)を開始
昭和63年6月 シンガポールに「MITSUI-SOKO INTERNATIONAL PTE. LTD.」設立(現・連結子会社)
平成4年1月 本支店制を廃止し、本支社制(本社各部及び関東、中部、関西、九州各支社)とする
平成12年7月 ㈱サン・コンピュータ・サイエンスが㈱東京三新サービス、㈱トーシン・エンタープライズの事業を統合し、「㈱サン・ビジネスサポート」と改称(現・連結子会社)
平成13年4月 九州支社を「三井倉庫九州㈱」として分社(現・連結子会社)
平成14年6月 本店所在地を「東京都中央区日本橋茅場町一丁目」から「東京都港区海岸三丁目」に移転
平成16年12月 東京に情報保管・管理サービス業務の専用施設「三井倉庫レコードセンター」を竣工
平成18年4月 本社関係子会社を再編し、㈱サン・ビジネスサポートを三井倉庫ファシリティーズ㈱(現・連結子会社)に、㈱ロジスティクス システムズ アンド ソリューションズを㈱LSS(現・連結子会社)と三井倉庫ビジネスパートナーズ㈱(現・連結子会社)とする
平成18年4月 本社にBPO事業推進部を設置、BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)事業を本格展開