トライウォール
本店:東京都千代田区永田町一丁目11番32号

【商号履歴】
トライウォール株式会社

【沿革】
当社の主力製品であるトライウォールパック(Tri-Wall Pak)製品は昭和27年(1952年)米国トライウォールコンテナーズ社によって開発された主に重量物梱包に用いられる三層段ボールであります(のちに、二層構造のBi-Wall Pakを製品化し、三層のTri-Wall Pak と同様、Tri-Wall Pak/Bi-Wall Pakとして製造、販売しております)。現在、「Tri-Wall Pak」の商標権は世界で当社を含めて5社が保有しており、各社がそれぞれのテリトリー別に、世界規模で同一規格のTri-Wall Pak/Bi-Wall Pakの製造販売を行っております。当社は商標権を保有する「Tri-Wall Pak」の製造・販売可能地域である極東地域(日本、韓国、中国、台湾、東南アジアおよびインドを含む東アジア地域)の経済発展を背景とし、積極的な現地進出を行っております。昭和49年(1974年)に当社の創業者である鈴木雄二が米国トライウォールコンテナーズ社から日本に派遣され、同社と日本国内の製紙メーカーと合弁企業を設立し、トライウォールパック製品の製造販売を開始いたしました。その後、鈴木雄二が当社を独資で設立、トライウォールパック製品の商標権を取得し、現在に至っております。
平成7年12月 包装資材の製造および販売を目的としてトライウォール株式会社を資本金50,000千円で千代田区霞が関三丁目6番14号に設立
平成8年1月 名古屋市中区栄に名古屋営業所を設立
平成8年1月 シンガポール共和国にTri-Wall(Asia)Pte. Ltd.を出資比率100.0%で設立
平成8年1月 中国香港に所在するMASTER STEP LIMITED(現Tri-Wall(China)Ltd.)に99.9%を出資(現出資比率100.0%)
平成8年2月 本社を東京都千代田区一番町25番地に移転
平成8年2月 Tri-Wall Pak/Bi-Wall Pakおよびユニパックの販売を開始
平成8年5月 タイ王国に所在するHST Corporation Limitedに24.5%を出資し、Tri-Wall(Thailand)Ltd.の出資比率24.5%を間接取得(現出資比率99.9%)
平成8年5月 英国DS Smith Plc グループが提携関係強化のため当社株式752株(出資比率12.1%)を取得し、資本提携を結ぶ
平成8年8月 台湾に華京強化紙業股份有限公司を出資比率50.0%で設立
平成9年6月 マレーシアに所在するAsian Packing Service(Malaysia)Sdn. Bhd.(現Tri-Wall(Malaysia)Sdn. Bhd.)に40.0%を出資(現出資比率100.0%)
平成9年8月 大阪府守口市に大阪営業所を設立
平成10年9月 インドネシア共和国にPT. Tri-Wall Indonesia を出資比率間接70.0%で設立
平成10年10月 埼玉県久喜市に関東物流センターを設立し、自社製函を開始
平成12年6月 韓国金海市にTri-Wall Korea Co.,Ltd.を出資比率50.0%で設立
平成12年6月 中国蘇州市に丸忠包装工業(蘇州)有限公司を出資比率50.0%で設立
平成13年4月 中国上海市に特耐王貿易(上海)有限公司を出資比率100.0%で設立
平成13年4月 群馬県太田市に合弁会社、ユニパックジャパン株式会社を出資比率30.0%で設立
平成13年5月 中国天津市に特耐王水谷包装(天津)有限公司を出資比率60.0%で設立(現出資比率100.0%)
平成13年8月 インドにTri-Wall Secon Pak Pvt. Ltd.を出資比率間接70.0%で設立
平成13年10月 中国杭州市に大村総業特耐王包装(杭州)有限公司を出資比率35.0%で設立(現出資比率14.9%)
平成14年10月 中国北京市に特耐王包装(北京)有限公司を出資比率100.0%で設立(現出資比率75.0%)
平成14年12月 関東物流センターを埼玉県久喜市に移転
平成14年12月 中国常州市に所在する特耐王包装(常州)有限公司に62.0%を出資し、Tri-Wall Pak/Bi-Wall Pakの自社貼合を開始すると共にその他トライウォール製品、一般段ボール製品の製造販売を開始(現出資比率100.0%)
平成15年1月 中国東莞市に特耐王包装(東莞)有限公司を出資比率100.0%で設立
平成15年7月 ユニパックジャパン株式会社と合弁事業としての資本関係を解消。通常取引は継続
平成16年6月 神戸市中央区に近畿サービスセンターを設立
平成16年7月 中国無錫市に特耐王包装(無錫)有限公司を出資比率49.0%で設立
平成16年8月 中国蘇州市に特耐王包装(蘇州)有限公司を出資比率50.0%で設立
平成17年2月 中国厦門市に特耐王(厦門)包装有限公司を出資比率100.0%で設立
平成17年3月 タイ王国にTW Packaging Ltd.を出資比率99.9%で設立
平成17年4月 中国上海市に特耐王包装(上海)有限公司を出資比率50.0%で設立
平成17年5月 中国煙台市に特耐王包装(煙台)有限公司を出資比率100.0%で設立
平成17年5月 中国平湖市に西村特耐王包装(平湖)有限公司を出資比率50.0%で設立
平成17年6月 中国広州市に特耐王包装(広州)有限公司を出資比率100.0%で設立
平成17年8月 中国江陰市に特耐王塑料制品(江陰)有限公司を出資比率100.0%で設立し、プラスチック樹脂製品の製造販売を開始
平成17年9月 福岡県直方市に九州サービスセンターを設立
平成17年9月 中国重慶市に特耐王包装(重慶)有限公司を出資比率100.0%で設立
平成17年11月 中国寧波市に特耐王包装(寧波)有限公司を出資比率100.0%で設立(現出資比率直接50%、間接50%)
平成17年12月 中国福清市に特耐王包装(福州)有限公司を出資比率51.0%で設立
平成18年1月 中国中山市に特耐王包装(中山)有限公司を出資比率100.0%で設立
平成18年1月 本社を東京都千代田区永田町一丁目11番32号に移転
平成18年1月 兵庫県尼崎市に特販部西日本営業所を設立
平成18年3月 エコフィン(Tri-Wall Pakを主材料とした棺)事業化のためウィルライフ株式会社に100.0%出資し、当社の子会社とする
平成18年7月 中国江陰市に特耐王三協紙業(江陰)有限公司を出資比率直接90.0%、間接10.0%で設立し、紙管の製造販売を開始(現出資比率直接87.2%、間接8.0%)
平成18年8月 中国武漢市に武漢特耐王包装有限公司を出資比率100.0%で設立
平成18年8月 華京強化紙業股份有限公司の持分の全部を売却
平成18年9月 台湾に台湾特耐王有限公司を出資比率100.0%で設立
平成18年10月 中国西安市に特耐王包装(西安)有限公司を出資比率49.0%で設立
平成18年12月 HST Corporation LimitedとSS & JJ LTD.とが合併(存続会社SS & JJ LTD.)
平成18年12月 タイ王国に所在するSS & JJ LTD.に49.0%を出資
平成19年1月 大阪府泉佐野市に関西空港サービスセンターを設立
平成19年2月 ベトナム社会主義共和国にTRI-WALL(VIETNAM)CO.,LTD.を出資比率100%で設立
平成19年4月 中国長春市に特耐王包装(長春)有限公司を出資比率100%で設立
平成19年4月 中国南通市に丸忠特耐王包装(南通)有限公司を出資比率50.0%で設立
平成19年5月 名古屋市西区に名古屋研修センター/名古屋営業所を設立し、名古屋営業所を移転
平成19年5月 中国合肥市に特耐王包装(合肥)有限公司を出資比率100.0%で設立
平成19年5月 中国嘉興市に嘉興特耐王西村包装有限公司を出資比率50.0%で設立
平成19年8月 大阪営業所と西日本営業所を統合し、大阪市北区に移転
平成19年12月 九州サービスセンターを福岡県うきは市に移転
平成19年12月 英国DS Smith Plc グループと資本提携を解消
平成20年1月 中国青島膠南市に丸忠特耐王包装材料(青島)有限公司を出資比率50%で設立
平成20年3月 大型資材梱包分野への展開を図るため、東京都千代田区永田町一丁目11番32号にトライウォールロジテック株式会社を出資比率51%で設立