大研医器
本店:大阪市中央区道修町三丁目6番1号京阪神不動産御堂筋ビル14階

【商号履歴】
大研医器株式会社(1968年11月5日~)

【株式上場履歴】
<東証1部>2010年10月13日~
<東証2部>2009年3月12日~2010年10月12日(1部に指定替え)

【合併履歴】
2003年4月 日 大研医工株式会社

【沿革】
昭和43年11月 医療器具製造販売を目的として、大研医器株式会社を大阪市北区木幡町(現大阪市北区西天満)に設立。
昭和46年7月 医療機器の製造業許可を取得。
昭和55年2月 主に整形外科用材料の仕入販売を行うため大研メディカル株式会社(後に大研産業株式会社)を大阪市北区に設立。
昭和55年5月 東京都中央区に東京営業所(現東京支店)開設。
昭和56年4月 大阪市東区(現大阪市中央区)に大阪営業所(現大阪支店)開設。
昭和59年2月 大研メディカル株式会社が大研産業株式会社に商号変更。
平成2年9月 医療用吸引器「フィットフィックス」の開発・販売。
平成9年4月 携帯型ディスポーザブル注入器「シリンジェクター」の開発・販売。
平成11年10月 大阪府和泉市に本社機能を移転、研究棟・アセンブリーセンターを新設。
平成13年2月 大研産業株式会社が大研医工株式会社に商号変更。
平成13年4月 開発・製造部門を大研医工株式会社に分離。
平成15年4月 経営効率の向上を図るため大研医工株式会社を吸収合併。
平成16年3月 全事業所において国際的品質システム規格ISO9001:2000を認証取得。
平成16年10月 医療機器における品質マネジメントシステムの国際規格ISO13485:2003を認証取得。
平成19年5月 大阪市中央区に本社機能を移転。