キャンバス
本店:静岡県沼津市通横町9番地

【商号履歴】
株式会社キャンバス(2000年1月18日~)

【株式上場履歴】
<東証マザーズ>2009年9月17日~

【沿革】
平成12年1月 G2チェックポイントに関する研究成果をもとに、正常細胞に影響が少ない新規抗癌剤の研究開発を目的として愛知県豊田市に設立
平成12年9月 薬剤スクリーニング法及びG2チェックポイント阻害オリジナルペプチドTAT-S216について特許出願
平成13年1月 静岡県沼津市大岡の静岡県沼津工業技術センター付設インキュベーション施設内に研究所を開設
平成14年3月 科学顧問会議(SAB)を組成
平成14年4月 本社及び研究所を静岡県沼津市通横町に移転
平成14年4月 動物実験施設を静岡県沼津工業技術センター内に開設
平成15年1月 オリジナルペプチドTAT-S216を最適化した抗癌剤候補化合物CBP501について特許出願
平成15年6月 当社の薬剤スクリーニング法によって見出されたG2チェックポイント阻害剤候補低分子化合物CBS2400シリーズについて特許出願
平成17年2月 米国食品医薬品局(FDA)よりCBP501の臨床第1相試験開始のためのIND申請について承認
平成17年4月 米国特許庁より薬剤スクリーニング法に係わる特許を取得
平成17年5月 欧州特許庁より薬剤スクリーニング法及びオリジナルペプチドTAT-S216に係わる特許を取得
平成17年5月 CBP501の臨床第1相試験を米国で開始
平成18年2月 米国特許庁よりCBP501に係わる特許を取得
平成18年3月 動物実験施設を静岡県沼津工業技術センター付設インキュベーション施設から静岡県沼津市通横町の本社隣接地に移設
平成18年4月 米国特許庁よりCBS2400シリーズに係わる特許を取得
平成18年10月 CBP501とシスプラチンの併用による臨床第1相試験を米国で開始
平成19年3月 CBP501とそのバックアップ化合物について、武田薬品工業株式会社と共同事業化契約を締結
平成20年4月 当社の薬剤スクリーニング法によって見出された抗癌剤候補低分子化合物CBS9100シリーズについて特許出願
平成20年5月 CBP501、シスプラチン、ペメトレキセドの3剤併用による臨床第1相試験を米国で開始
平成20年11月 CBP501、シスプラチン、ペメトレキセドの3剤併用による臨床第2相試験(対象:悪性胸膜中皮腫)を米国で開始
平成21年6月 CBP501、シスプラチン、ペメトレキセドの3剤併用による臨床第2相試験(対象:非小細胞肺癌)を米国で開始