※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アニコムホールディングス
本店:東京都新宿区下落合一丁目5番22号アリミノビル2階

【商号履歴】
アニコムホールディングス株式会社(2008年6月~)
アニコムインターナショナル株式会社(2005年1月~2008年6月)
株式会社ビーエスピー(2000年7月5日~2005年1月)

【株式上場履歴】
<東証1部>2014年6月10日~
<東証マザーズ>2010年3月3日~2014年6月9日(1部指定)

【沿革】
平成12年4月、当社代表取締役社長小森伸昭は、「動物福祉の向上を目指し、動物愛護に努めると共に、人間とのより良い共生関係の構築に努める」を理念として、「anicomどうぶつ健康保障共済制度」(以下、「どうぶつ健保」という)を営む「anicom(動物健康促進クラブ)」を設立しました。どうぶつ健保とは、対象となる動物の病気・ケガに要した診療費の一部を補償するペット共済であります。当社は、この「anicom(動物健康促進クラブ)」から、どうぶつ健保の保険事務を受託することを目的とする株式会社ビーエスピーとして、平成12年7月に設立されました。「株式会社ビーエスピー」設立以後の当社グループに係る経緯は、次のとおりであります。
平成12年7月 anicom(動物健康促進クラブ)から「どうぶつ健保」(ペット共済)に係る事務を受託するため、東京都豊島区に「株式会社ビーエスピー」(現当社)を設立(資本金41,000千円)
平成12年11月 anicom(動物健康促進クラブ)が「どうぶつ健保」(ペット共済)募集開始
平成12年11月 動物病院向けカルテ管理システム「アニコムレセプター」販売開始
平成13年7月 ペットショップ店頭販売時における幼齢ペット向け共済商品(現在のアニコム損害保険株式会社の「どうぶつ健保べいびぃ」の原型となった商品)の販売開始
平成16年12月 anicom(動物健康促進クラブ)からペットコミュニティ雑誌の編集発行及び発送業務を受託するため東京都新宿区に100%子会社として「アニコム パフェ株式会社」を設立(資本金10,000千円)
平成16年12月 契約動物が迷子になった時の捜索を行うサービス、ペットのおともだち検索&コミュニティウェブサイトや健康相談等のペットコミュニティ事業を開始
平成17年1月 ペットコミュニティ雑誌「アニコムパフェ」創刊(平成18年1月(冬号)発刊より「PAFE japon」に名称変更、平成20年10月(秋号)をもって廃刊)
平成17年1月 「株式会社ビーエスピー」を「アニコム インターナショナル株式会社」に商号変更
平成17年1月 本社を東京都豊島区から、東京都新宿区に移転
平成17年2月 anicom(動物健康促進クラブ)からコールセンター業務、パンフレット及び更改案内の発送業務、共済証券発行業務等を集約して受託するため、東京都新宿区に100%子会社として「アニコム フロンティア株式会社」を設立(資本金10,000千円)
平成17年7月 近畿支店(大阪市中央区)を開設
平成17年10月 北海道支店(札幌市中央区)、九州支店(福岡市中央区)を開設
平成18年1月 東京都新宿区に保険会社設立準備子会社「アニコム インシュアランス プランニング株式会社」を100%子会社として設立(資本金1,500,000千円)
平成18年4月 会社分割により、ペット保険事業に係るシステムを含む営業基盤を当社からアニコム インシュアランス プランニング株式会社に委譲
平成18年6月 改正保険業法の施行を受け、anicom(動物健康促進クラブ)が特定保険業者の届出を行う
平成18年6月 「アニコムDASHくん」(ペットショップにて使用する「動物の愛護及び管理に関する法律」の遵守に必要な重要事項説明書、署名確認書及び法定台帳等を動物及び顧客情報の入力により自動作成する機能を備えた、生体及び顧客管理システム)をリリース
平成18年8月 中部支店(名古屋市中区)を開設
平成19年12月 「アニコム インシュアランス プランニング株式会社」が「アニコム損害保険株式会社」に商号変更
平成19年12月 当社が金融庁より保険持株会社としての認可を得る
平成19年12月 アニコム損害保険株式会社が金融庁より損害保険業の免許を取得
平成20年1月 アニコム損害保険株式会社が損害保険業を開始
平成20年6月 「アニコム インターナショナル株式会社」を「アニコム ホールディングス株式会社」に商号変更
平成21年1月 アニコム損害保険株式会社においてオンライン加入手続を開始
平成21年4月 「anicom(動物健康促進クラブ)」が特定保険業の廃業届を関東財務局に提出