関西電力
本店:大阪市北区中之島三丁目6番16号

【商号履歴】
関西電力株式会社(1951年5月1日~)

【株式上場履歴】
<東証1部>1951年8月24日~
<名証1部>1956年3月 日~2014年6月30日(上場廃止申請)
<大証1部>1951年7月16日~2013年7月15日(東証に統合)
<京証>  年 月 日~  年 月 日(廃止)

【沿革】
昭和26年5月 電気事業再編成令により、関西配電株式会社及び日本発送電株式会社から設備の出資及び譲渡を受け、大阪市北区梅ヶ枝町に資本金16億9000万円をもって設立(設立当初の発電設備は、水力1,130,126kW、火力1,153,580kW、合計2,283,706kW。年間販売電力量は、5,655百万kWh、年度末契約口数は、2,683千口)。
昭和26年7月 当社の株式を大阪証券取引所に上場。
昭和26年8月 当社の株式を東京証券取引所に上場。
昭和31年3月 当社の株式を名古屋証券取引所に上場。
昭和32年5月 関電産業株式会社設立(現・連結子会社「関電不動産株式会社」(平成16年10月のグループ再編時に商号変更))
昭和35年3月 本店を大阪市北区中之島(現在地)に移転。
昭和36年1月 大規模水力、黒部川第四発電所運転開始。
昭和45年11月 美浜原子力発電所1号機が電力9社初の原子力発電所として運転開始。
昭和51年5月 若狭幹線及び丹波線が竣工(当社初の50万V基幹系統送電線路)。
昭和54年6月 姫路LNG基地完成。
昭和57年12月 公募による時価発行増資を実施(5,000万株)。
昭和59年9月 人工島方式、御坊火力発電所運転開始。
昭和63年3月 年間販売電力量が1,000億kWhの大台を超える。
昭和63年4月 関西通信設備サービス株式会社設立(現・連結子会社「ケイ・オプティコム」(平成12年6月商号変更))
平成7年4月 コンバインドサイクル発電を採用した姫路第一発電所5号機が運転開始。
平成9年9月 播磨西線が竣工(50万V交差二重外輪送電線路を形成)。
平成10年6月 定款に通信事業、熱供給事業、ガス供給事業等の事業目的を追加。
平成16年10月 電気事業をサポートする子会社26社を専門分野別11社に再編