太平洋海運
本店:東京都港区三田一丁目4番28号

【商号履歴】
太平洋海運株式会社(1951年2月21日~2010年10月1日日本郵船株式会社に合併)

【株式上場履歴】
<東証1部>1952年1月4日~2009年11月25日(日本郵船株式会社と株式交換)
<大証1部>1961年10月2日~2003年8月9日(上場廃止申請)
<名証1部>1957年4月 日~2003年8月9日(上場廃止申請)

【沿革】
昭和26年2月 極洋捕鯨株式会社の船舶部門が分離独立し、油槽船2隻、3万重量屯を譲り受け、資本金1億円をもって設立
昭和26年11月 増資 資本金2億円
昭和27年1月 東京証券取引所上場
昭和27年3月 外国貨物船2隻を購入し、貨物船部門にも進出
昭和28年5月 増資 資本金4億円
昭和28年9月 当社初の計画造船による2万屯型油槽船竣工
昭和31年12月 増資 資本金8億円
昭和32年4月 名古屋証券取引所上場
昭和36年5月 増資 資本金12億円
昭和36年10月 大阪証券取引所上場
昭和39年4月 海運再建整備法により、日本郵船株式会社グループの系列会社として参加
昭和42年10月 増資 資本金20億円
昭和43年11月 計画造船による20万屯型油槽船竣工
昭和45年9月 日本郵船株式会社と初の共有20万屯型油槽船竣工
昭和52年3月 船舶管理会社太平洋マリン・マネージメント株式会社(現 ティ・エム・エム株式会社)設立
昭和60年7月 増資 資本金25億円
平成3年3月 増資 資本金35億円
平成6年9月 本社事務所を東京都千代田区丸の内より東京都港区三田へ移転
平成7年7月 本店の所在地を千代田区より港区へ移転
平成13年6月 船用品の販売会社である株式会社ヒノデを設立
平成15年8月 大阪証券取引所・名古屋証券取引所の上場を廃止
平成16年2月 当社初の8千屯型ケミカルタンカー竣工
平成16年8月 資本金35億円を7.5億円減少し、27.5億円
平成16年12月 4万8千屯型プロダクトタンカー竣工
平成18年7月 30万5千屯型大型タンカー竣工
平成18年12月 11万5千屯型中型タンカー竣工