※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

愛知機械工業
本店:名古屋市熱田区川並町2番12号

【商号履歴】
愛知機械工業株式会社(1952年12月~)
新愛知起業株式会社(1949年5月23日~1952年12月)

【株式上場履歴】
<東証1部>1952年7月28日~2012年3月16日(日産自動車株式会社と株式交換)
<名証1部>1951年10月1日~2012年3月16日(日産自動車株式会社と株式交換)
<大証1部>1953年7月17日~2003年3月6日(上場廃止申請)

【沿革】
愛知時計電機株式会社の航空機部門が分離独立して、昭和18年2月商号を愛知航空機株式会社として発足。昭和21年3月商号を愛知起業株式会社と変更、昭和24年5月企業再建整備法により、新愛知起業株式会社として再発足、その後昭和27年12月商号を愛知機械工業株式会社と改称し、現在に至っている。(昭和19年11月 株式会社津村機械製作所(現 連結子会社 愛知機工株式会社)の全株式を取得)
昭和22年4月 三輪自動車「ヂャイアント号」及び各種発動機生産開始
昭和24年5月 企業再建整備法により、資本金60百万円をもって新愛知起業株式会社を設立
昭和26年9月 本店を名古屋市東区東新町7番地の2から名古屋市熱田区南一番町1番10号に移転。名古屋証券取引所に上場
昭和27年7月 東京証券取引所に上場
昭和27年12月 商号を愛知機械工業株式会社と改称
昭和28年7月 大阪証券取引所に上場
昭和30年2月 永徳工場を名古屋市から譲り受け
昭和31年1月 愛知機器株式会社(平成18年4月に株式会社アイキテックに社名変更 以下同じ)の設立に参加
昭和34年11月 軽四輪自動車「コニー360」生産開始
昭和37年11月 日産自動車株式会社と技術提携
昭和40年3月 日産自動車株式会社と資本参加を含む業務提携
昭和41年2月 「サニー」用エンジンおよびマニュアルトランスミッション生産開始
昭和45年2月 「サニートラック」生産開始
昭和52年4月 松阪工場操業開始
昭和53年7月 「バネット」系車両生産開始
昭和58年12月 港工場操業開始
昭和60年1月 本店を名古屋市熱田区川並町2番20号に変更
昭和60年11月 大江工場操業開始
平成2年10月 PM優秀事業場賞受賞(熱田工場・松阪工場)
平成3年12月 津工場操業開始
平成5年8月 伸和精工株式会社(現 連結子会社)の株式を取得
平成7年11月 TPM特別賞受賞(熱田工場・松阪工場)
平成9年3月 ISO9002認証取得(熱田工場・松阪工場・津工場)
平成9年8月 新本社社屋竣工。本店を名古屋市熱田区川並町2番12号に移転
平成10年2月 愛知機器株式会社がアメリカ合衆国にリッチモンド・オート・パーツ・テクノロジー・インコーポレーテッドを設立
平成10年9月 CVT生産開始
平成10年10月 TPM優秀賞受賞(工機部)
平成12年3月 日産自動車株式会社が当社株式保有比率を41.4%に引き上げ
平成13年1月 非連結子会社 エーケーノースアメリカコーポレーションをアメリカ合衆国に設立
平成13年3月 港工場の操業を停止し、車両事業から撤退
平成13年5月 ISO9001認証取得(全社)
平成13年11月 QS9000認証取得(全社)
平成15年3月 大阪証券取引所の上場廃止。愛知機器株式会社の株式を一部売却し、同社と同社子会社であるリッチモンド・オート・パーツ・テクノロジー・インコーポレーテッドを当社の連結子会社より除外
平成15年12月 港工場跡地を売却
平成16年1月 ISO14001認証取得(全社)
平成16年8月 日産自動車株式会社とルノーが世界戦略エンジンとして共同開発したHRエンジンの生産開始
平成17年10月 愛知機工株式会社が、株式会社ヨロズが設立した子会社である株式会社ヨロズ愛知に対し、土地・建物を除き営業譲渡
平成18年2月 ISO/TS16949認証取得(全社)
平成18年10月 伸和精工株式会社と愛知機工株式会社が、伸和精工株式会社を存続会社として合併