※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ボッシュ
本店:東京都渋谷区渋谷三丁目6番7号

【商号履歴】
ボッシュ株式会社(2005年7月~)
株式会社ボッシュオートモーティブシステム(2000年7月~2005年7月)
株式会社ゼクセル(1990年7月17日~2000年7月)
ヂーゼル機器株式会社(1939年7月17日~1990年7月17日)

【株式上場履歴】
<東証1部>1953年1月5日~2008年10月19日(独ボッシュ社がTOB)
<大証1部>1961年10月2日~2003年9月28日(上場廃止申請)

【合併履歴】
2005年7月 日 ボッシュ株式会社
2002年7月 日 ボッシュブレーキシステム株式会社
2002年7月 日 ボッシュエレクトロニクス株式会社
2002年1月 日 株式会社ゼクセルエスイー尾島
2002年1月 日 株式会社ゼクセル興産

【沿革】
当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、内燃機関用燃料噴射装置および同付属部品の国産化を図る目的をもってドイツ国ロバート ボッシュ ゲーエムベーハーより特許実施権を取得し、東京自動車工業株式会社および三菱重工業株式会社が中心となって当時のエンジンメーカーならびに関係会社等が株式引受人となり設立されました。
昭和14年7月 資本金6百万円で東京都麹町区(現 千代田区)に「ヂーゼル機器株式会社(現 ボッシュ株式会社)」設立
昭和15年5月 埼玉県比企郡松山町(現 東松山市)に松山工場(現 東松山第一工場(燃料噴射装置工場))竣工、操業開始
昭和16年10月 わが国最初の自動車用6気筒燃料噴射ポンプを完成・生産開始
昭和26年9月 米国ベンディックス社と自動車用制動倍力装置に関する技術援助契約締結
昭和28年1月 株式を東京証券取引所に上場
昭和30年8月 自動車用制動倍力装置の製造部門を分離し、「自動車機器株式会社(旧 ボッシュブレーキシステム株式会社、現在は当社に吸収合併)」を設立
昭和33年7月 カークーラーを発売
昭和35年9月 カーヒーターを発売
昭和36年10月 株式を大阪証券取引所市場第一部に上場
昭和38年4月 本社ビル完成に伴ない東京都渋谷区に本店移転
昭和40年4月 埼玉県狭山市に狭山工場(ノズルホルダ工場)を完成
昭和42年4月 リヒートエアミックス式カーエアコン生産開始
昭和45年7月 埼玉県大里郡江南村(現 江南町)に江南工場(車両用空調機器工場)を完成
昭和48年12月 事業目的として「空調機器・油圧機器・電子機器の製造販売修理」を追加
昭和50年7月 市販部門を独立させ「ヂーゼル機器販売株式会社(旧 株式会社ゼクセル興産、現在は当社に吸収合併)」を設立
昭和51年7月 ロバートボッシュゲーエムベーハーと分配型燃料噴射ポンプ(VE型)に関する技術援助契約締結
昭和52年2月 ロバートボッシュゲーエムベーハーと空調用ベーンタイプ圧縮機に関する技術援助契約締結
昭和57年10月 埼玉県大里郡寄居町に寄居工場(ノズル工場)を完成
平成元年4月 埼玉県大里郡江南町に研修センターを完成
平成元年4月 米国グリーソン社とトルセン事業買収契約締結
平成元年6月 米国のディーケーグリーソンインク(現 RBAJホールディングインク)とベルギーのディーケーグリーソンエスエー(後の ゼクセルトルセンエスエー)を取得
平成2年7月 株式会社ゼクセルに商号変更
平成2年7月 群馬県富岡市に富岡工場(電子機器専門工場)を完成
平成2年9月 東京都豊島区に本店移転
平成4年4月 株式会社ゼクセル販売(旧 株式会社ゼクセル興産、現在は当社に吸収合併)より営業の一部を譲り受け
平成4年10月 ロバートボッシュゲーエムベーハーとエアバッグおよびシートベルトテンショナーの開発・製造・販売を事業目的とする合弁会社「アスコ株式会社(旧 ボッシュ エレクトロニクス株式会社、現在は当社に吸収合併)」を設立
平成5年6月 群馬県新田郡尾島町(現 太田市)に尾島工場(現 太田工場(燃料噴射装置工場))を完成
平成5年11月 本社ビル完成に伴ない東京都渋谷区に本店移転
平成9年8月 ロバートボッシュゲーエムベーハーが第1位の株主となる。
平成10年12月 ロバートボッシュコーポレーションが第1位の株主となる。
平成11年4月 ボッシュグループを割当先とした第三者割当による新株式を発行し、ロバートボッシュゲーエムベーハーが第1位の株主となり親会社となる。
平成11年10月 ボッシュブレーキシステム株式会社の親会社となる。
平成12年3月 車両用空調機器事業を株式会社玉製作所(現 株式会社ヴァレオサーマルシステムズ)に譲渡
平成12年7月 株式会社ボッシュオートモーティブシステムに商号変更
平成13年1月 ボッシュ株式会社(現在は当社に吸収合併)よりガソリン噴射、トランスミッション等の事業を譲受
平成13年1月 市販機能の一部をボッシュ株式会社へ譲渡
平成13年8月 ロバートボッシュゲーエムベーハーを割当先とした第三者割当増資による新株式を発行
平成13年8月 ボッシュ エレクトロニクス株式会社の親会社となる。
平成13年9月 株式会社ボッシュ リアルエステートジャパンの親会社となる。
平成14年1月 株式会社ゼクセルエスイー尾島および株式会社ゼクセル興産を吸収合併
平成14年7月 ボッシュブレーキシステム株式会社およびボッシュ エレクトロニクス株式会社を吸収合併
平成15年8月 トルセン事業ならびに株式会社ゼクセルトルセンおよびゼクセルベルギーホールディングエスエイの株式を豊田工機株式会社に譲渡
平成15年9月 株式会社大阪証券取引所への株式上場を廃止
平成15年12月 株式会社ゼクセル ヴァレオ クライメート コントロール(現 株式会社ヴァレオサーマルシステムズ)の発行済株式総数の10%をヴァレオ・クリマッティゼーションに譲渡したため、株式会社ゼクセル ヴァレオ クライメート コントロールは連結対象子会社から持分法適用関連会社に変更となる。
平成15年12月 ロバートボッシュインベストメントネーデルランドビーブイが第1位の株主となる。
平成17年7月 当社を存続会社としてボッシュ株式会社を吸収合併し、同時に商号をボッシュ株式会社に変更