※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

フーマイスターエレクトロニクス
本店:東京都千代田区内神田二丁目3番3号

【商号履歴】
株式会社フーマイスターエレクトロニクス(1988年3月14日~)

【株式上場履歴】
<大証JASDAQ>2010年9月15日~

【沿革】
当社は、昭和63年3月14日、株式会社日立製作所の大口取引先であったフーマイスター日本株式会社(平成15年に清算)の100%出資により、株式会社日立製作所の製造販売する電子部品を大韓民国(以下、「韓国」という。)のLGグループに向けて専門的に取り扱う「特約店」の役割を担う別法人として、東京都練馬区において設立(平成2年12月に東京都千代田区に移転)され、株式会社日立製作所と継続的製品販売契約を締結し、半導体・電子部品等の販売・輸出入事業を開始いたしました。当時フーマイスター日本株式会社の営業本部長であり、当社の設立に深く関わっていた武石健次(現当社代表取締役社長)が、設立当初より代表取締役社長を務め、当社の事業を運営しております。その後、平成4年6月25日に武石健次が自身及び近親者の出資により設立した株式会社フーマイスター(平成19年12月15日に株式会社TMKに商号変更、以下同様)において全株式を取得してフーマイスター日本株式会社の企業グループから独立し、現在の形態となりました。また、事業の多角化や取引先の分散化を目的として、平成18年8月31日付で株式会社フーマイスターから、TFTパネル輸入事業を行っているロジシスデバイス株式会社の株式を100%取得し、当社の子会社といたしました。さらに、前述の株式会社フーマイスターにおける会社分割により平成18年10月6日付で設立された当社本社ビルの保有会社である株式会社フーコを、平成18年12月1日付で吸収合併しております。なお、ロジシスデバイス株式会社については、意思決定の迅速化による事業活動のさらなる推進と、コストの削減を含めた経営効率の改善という観点から、平成19年7月1日に当社が吸収合併しております。
昭和63年3月 半導体・電子部品等の販売並びに輸出入を事業目的として、フーマイスター日本株式会社の100%出資により東京都練馬区に株式会社フーマイスターエレクトロニクスを設立
昭和63年3月 株式会社日立製作所と継続的製品販売契約を締結
昭和63年8月 韓国ソウル特別市にソウル支店を設置
平成2年3月 中華人民共和国(以下、「中国」という。)香港特別行政区セントラル区に香港支店を設置
平成2年12月 本社を東京都千代田区に移転
平成4年6月 株式会社フーマイスター(現株式会社TMK)が当社の株式を100%取得し、当社は同社の子会社となる
平成13年6月 株式会社日立メディアエレクトロニクスと継続的売買契約を締結
平成14年12月 技術本部(現テクニカルサポートセンター)を設置、東京都小平市に出先機関を設置
平成15年4月 株式会社ルネサステクノロジと代理店契約を締結
平成15年9月 韓国慶北亀尾市にソウル支店LPLグループ(現半導体2グループ)出先機関を設置
平成15年10月 中国上海市に上海駐在所を設置
平成17年1月 本社内にデジタルメディア研究所(現テクニカルサポートセンター)を設置
平成17年12月 株式会社日立ディスプレイズと取引基本契約を締結
平成18年8月 電子営業本部内にディスプレイ営業部を設置
平成18年8月 ロジシスデバイス株式会社の株式を100%取得し、子会社化
平成18年12月 株式会社フーコを吸収合併(合併比率60:1)
平成19年7月 連結子会社ロジシスデバイス株式会社を吸収合併、FPD営業本部を発足
平成20年7月 韓国慶北亀尾市に亀尾事務所を設置
平成20年10月 シンガポール共和国(以下「シンガポール」という。)に拠点設置
平成21年7月 シンガポール拠点を移転し、シンガポール営業所として事業を開始