※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

AvanStrate
本店:三重県四日市市千歳町2番地

【商号履歴】
AvanStrate株式会社(2008年12月~)
NHテクノグラス株式会社(2008年9月~2008年12月)
シー・エイチ・ホールディングス株式会社(2008年2月~2008年9月)

【株式上場履歴】
<東証 部>2012年4月24日~

【沿革】
 当社(形式上の存続会社)は、平成20年2月に、当社の実質的な存続会社である、NHテクノグラス株式会社(以下、「旧NHテクノグラス株式会社」という。)の経営陣によるマネジメント・バイ・アウト(MBO)のための受皿会社として、カーライル・グループにより、シー・エイチ・ホールディングス株式会社の商号で設立されました。その後、平成20年6月に旧NHテクノグラス株式会社の株主であった日本板硝子株式会社が保有していた全株式(発行済株式総数の50.0%)及びHOYA株式会社が保有していた株式の一部(発行済株式総数の21.5%)の合計71.5%を取得し子会社化した後、平成20年9月に旧NHテクノグラス株式会社を吸収合併し、同日にNHテクノグラス株式会社に商号を変更いたしました。この株式取得や合併は、MBOの一環として行われたものであり、合併時において被合併会社である旧NHテクノグラス株式会社(実質上の存続会社)の営業活動を全面的に継承いたしました。その後、平成20年12月に商号をAvanStrate株式会社に変更し、現在に至っております。一方、実質上の存続会社である旧NHテクノグラス株式会社は、液晶ディスプレイ・パネル用ガラス基板の製造・販売を行うことを目的として、平成3年5月にHOYA株式会社と日本板硝子株式会社が50%ずつ出資する合弁会社であるエヌエッチ・テクノグラス株式会社として設立されました。その後、全額出資による海外子会社を平成12年8月に台湾及びシンガポール、平成14年11月に韓国に設立し、海外への積極的な事業展開を図ってまいりました。従いまして、実質上の存続会社は、被合併会社である旧NHテクノグラス株式会社であります。
平成20年2月 東京都千代田区において、シー・エイチ・ホールディングス株式会社を設立
平成20年6月 旧NHテクノグラス株式会社の発行済株式総数の71.5%を日本板硝子株式会社及びHOYA株式会社から取得
平成20年9月 子会社である旧NHテクノグラス株式会社を吸収合併(合併後の当社株式の持分は、カーライル・グループ52.6%、HOYA株式会社47.4%)、商号をNHテクノグラス株式会社に変更(MBO完了)
平成20年9月 本店を神奈川県横浜市港北区に移転
平成20年12月 商号をAvanStrate株式会社に変更
平成21年1月 第8世代製品(2200㎜×2500㎜の大型ガラス基板)の販売を開始
平成21年9月 本店を三重県四日市市に移転
平成22年3月 東京都港区に東京オフィスを開設