クレステック
本店:静岡県浜松市東区笠井新田町676番地

【商号履歴】
株式会社クレステック(1984年9月17日~)

【株式上場履歴】
<東証JASDAQ>2015年7月8日~

【沿革】
 当社は、昭和59年9月に主に輸送機器関連の取扱説明書の制作や翻訳を目的に設立いたしました。その後、顧客のグローバル化に伴い、海外拠点を徐々に展開してまいりました。
昭和59年9月 静岡県浜松市に株式会社クレステックを設立。
昭和59年12月 アメリカ・ロサンゼルスにオフィス(クレステックUSA)を開設。
昭和60年8月 東京にサテライトオフィスを開設。
昭和63年4月 ベルギー・ブリュッセルにオフィスを開設。
昭和63年9月 クレステックU.S.A.をクレステックL.A.に改組。
平成3年1月 香港にオフィスを開設。
平成5年3月 東京サテライトオフィスを事業所として再設。松本事業所を開設。
平成7年1月 ベルギーオフィスをオランダ・アムステルダムに移転し、現地法人(クレステック・アムステルダム)を設立。
平成7年11月 名古屋事業所を開設。
平成8年5月 香港オフィスをクレステック・アジアに改組し、現地法人を設立。
平成8年11月 タイ・バンコクに現地法人設立。
平成9年7月 印刷工場として、インドネシア・ジャカルタに現地法人を設立。
平成9年10月 中国・深圳にクレステック・アジアのブランチを設立。
平成10年2月 大阪事業所を開設。
平成10年9月 フィリピン・マニラにオフィスを開設。
平成11年1月 中国・上海に現地法人を設立。
平成11年2月 中国・蘇州の印刷会社(蘇州印刷総廠)と合弁で、現地法人を設立。
平成11年9月 インドネシアにカートンボックス印刷工場を新設。
平成12年6月 フィリピン・マニラオフィスをクレステック・フィリピンに改組し、現地法人を設立。
平成12年9月 アメリカ・ニュージャージのOKI Business Digital(OBD)を買収してCDI(Crestec Digital Inc)を設立。
平成13年9月 インドネシア・ジャカルタ/スラバヤ工場操業開始。
平成14年1月 福岡事業所を開設。
平成14年10月 マレーシアに現地法人を設立。
平成14年11月 中国・珠海に現地法人を設立。
平成15年3月 中国・東莞の印刷工場操業開始。
平成15年7月 静岡県磐田市にデジタル印刷専門のフルフィルメントサテライトセンターを開設。
平成16年6月 中国・深圳に現地法人を設立。
平成16年9月 中国・大連にクレステック上海のブランチを開設。
平成17年3月 クレステック・アムステルダムを移転し社名をクレステック・ヨーロッパに変更。
平成17年4月 ベトナム・ホーチミンに現地法人を設立。
平成17年6月 高知事業所を開設。
平成17年9月 梱包設計チームを名古屋に開設。㈱クレステックソリューションズを東京都港区に設立。
平成18年1月 中国・東莞に新現地法人を設立し、第二印刷工場操業開始。
平成18年3月 クレステックL.A.とCDIを合併し、クレステックU.S.A.として一本化。
平成19年3月 制作専門部署であるプロダクションセンターを福岡に開設。
平成19年7月 蘇州クレステックのデジタル印刷部門を子会社化。
平成19年12月 中国・東莞の2工場を統合し効率化。
平成21年9月 ㈱クレステックソリューションズを吸収合併。
平成22年4月 デュッセルドルフにクレステック・ヨーロッパのブランチを開設。
平成23年6月 決算期を6月に変更。
平成24年3月 仙台にプロダクションサテライトセンターを開設。
平成24年4月 モスクワにクレステック・ヨーロッパのブランチを開設。
平成24年12月 ㈱パセイジの全株式を取得、子会社化。
平成25年4月 アトランタにクレステックU.S.A.のブランチを開設。
平成25年11月 東京都板橋区成増にサテライトオフィスを開設。