ホープ
本店:福岡市中央区薬院一丁目14番5号MG薬院ビル

【商号履歴】
株式会社ホープ(2009年4月~)
株式会社ホープ・キャピタル(2007年5月~2009年4月)

【株式上場履歴】
<東証マザーズ>2016年6月15日~
<福証Qボード>2016年6月15日~

【沿革】
 当社の代表取締役社長である時津孝康は、大学在学中の平成17年初頭、地方公共団体等の行政機関(以下「自治体」という。)の有する資産の中に事業として活用可能な未利用資源(遊休スペース)が存在することに気づき、休眠状態にあった有限会社時津建設(平成5年10月設立、資本金3,000千円、本店福岡県朝倉郡夜須町(現筑前町))を引き継ぎ、同年2月に商号を有限会社ホープ・キャピタルに変更のうえ、代表取締役社長に就任いたしました。
平成17年2月 福岡県朝倉郡夜須町(現筑前町)にて有限会社ホープ・キャピタルとして事業を開始
平成18年6月 自治体が保有する遊休資産・未利用スペースの広告事業化を行う「デッドスペースサービス(以下「DSサービス」という。)」を開始
平成19年5月 有限会社を改組し、商号を株式会社ホープ・キャピタル(資本金3,000千円)に変更
平成21年4月 商号を株式会社ホープに変更
平成21年5月 規模拡大に伴い本社を福岡市中央区天神に移転
平成23年11月 規模拡大に伴い本社を福岡市中央区薬院に移転
平成24年8月 一般財団法人日本情報処理開発協会からプライバシーマークの認証を取得
平成25年3月 情報セキュリティマネジメントシステムのISMS(ISO 27001:2013)の認証を取得
平成25年9月 自治体情報誌の制作無償請負を行う「メディアクリエーションサービス(以下、「MCサービス」という。)」を開始
平成26年5月 決算期を9月から6月に変更
平成26年7月 広報紙等自治体情報配信アプリ「i広報紙」を正式にリリースし、「情報プラットフォームサービス」を開始
平成26年8月 自治体向け営業活動の支援・代行等を行う「営業活動支援サービス」を開始