リネットジャパングループ
本店:愛知県大府市柊山町三丁目33番地

【商号履歴】
リネットジャパングループ株式会社(2014年10月1日~)
ネットオフ株式会社(2005年10月~2014年10月1日)
株式会社イーブックオフ(2000年12月~2005年10月)
株式会社リサイクルブックセンター(2000年7月27日~2000年12月)

【株式上場履歴】
<東証マザーズ>2016年12月20日~

【沿革】
当社は、平成12年7月、インターネットの普及や高齢化社会の進展に伴い、リユース分野においてもリアル店舗ではなくインターネットを利用した利便性の高いサービスの需要が増大することを予見し、当社の前身である株式会社リサイクルブックセンターを三重県四日市市に設立いたしました。その後、平成12年12月に商号を株式会社イーブックオフと変更し本店を名古屋市中村区に移転しております。
続いて、当社は書籍以外の商品も取扱うことで総合的なリユース事業へ拡大する方針のもと、平成17年10月に商号をネットオフ株式会社へ変更いたしました。その後、平成26年10月1日をもって従来の『ネットオフのリユース事業』に加え、『子会社リネットジャパン株式会社のリサイクル事業』を新たな軸として展開していくにあたり、 第2の創業として更なる飛躍を期して、商号を「リネットジャパングループ株式会社」に変更いたしました。
平成12年7月 三重県四日市市にインターネットによる書籍の宅配買取・販売を目的とする株式会社リサイクルブックセンターを設立
平成12年8月 オンライン書店『eBOOKOFF』サイトをトヨタ自動車株式会社が運営するGAZOOモール内に開設
平成12年12月 株式会社リサイクルブックセンターから株式会社イーブックオフに商号を変更。本社を名古屋市中村区に移転
平成13年2月 中古CD取扱い開始
平成13年8月 中古ゲームソフト取扱い開始
平成14年3月 ブックオフコーポレーション株式会社との標章利用のライセンス契約締結(平成24年3月契約終了)
平成14年6月 中古DVD取扱い開始
平成14年12月 商品買取・配送センター機能を岡山市中区から大府商品センター(愛知県大府市)へ移転(現 第1商品センター)
平成17年6月 新刊書籍の販売を事業目的とした当社100%出資子会社の株式会社ブックチャンスを設立
平成17年7月 『eBOOKOFF』サイトをGAZOOモール内システムから自社システムに移管
平成17年10月 株式会社イーブックオフからネットオフ株式会社に商号を変更
平成18年9月 本社を愛知県大府市に移転。新刊本(書籍・コミック)の取扱い開始
平成20年11月 株式会社ブックチャンスをネットオフ・マーケティング株式会社に商号を変更。宅配オークション代行サービス「宅オク」を開始
平成21年9月 第2商品センター(愛知県大府市)を開設
平成21年11月 ブランド品、カメラ、楽器、スポーツ用品などの宅配買取サービスを開始
平成23年1月 フィギュア買取専門サイト「ネットオフ・フィギュア」を開始
平成23年10月 ネットオフ・マーケティング株式会社を吸収合併
平成23年12月 ソーシャルマーケティング、広告代理店業務を目的として、当社100%出資子会社のネットオフ・ソーシャル株式会社を設立
平成24年3月 萌え系グッズ宅配買取専門サイト「もえたく!」を開始
平成25年3月 小型家電リサイクル回収を目的として、リネットジャパン株式会社(現連結子会社)設立。ヤフー株式会社と買取事業に関する業務提携
平成26年1月 リネットジャパン株式会社が使用済小型電子機器等の再資源化の促進に関する法律(以下「小型家電リサイクル法」)に基づく全国エリアを対象とする認定事業者(第24号)を取得
平成26年7月 リネットジャパン株式会社が小型家電リサイクル法に基づくPCなどの小型家電の宅配回収を愛知県にて開始
平成26年9月 リネットジャパン株式会社を株式交換により完全子会社化
平成26年10月 ネットオフ株式会社からリネットジャパングループ株式会社に商号を変更。政令市初「リネットジャパン」が、京都市と協定を締結
平成28年2月 全国初「リネットジャパン」が、東京都と協定を締結、事業所からの使用済小型家電の宅配便回収を開始
平成28年4月 リネットジャパングループ初のスマホアプリ「全国ごみの日ナビ」をリリース
平成28年5月 「全国ごみの日ナビ」が愛知県小牧市で自治体公式アプリとして採用決定