※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ソレイジア・ファーマ
本店:東京都港区海岸一丁目2番20号

【商号履歴】
ソレイジア・ファーマ株式会社(2008年9月~)
ジャパンブリッジ株式会社(2008年4月~2008年9月)
バジャカラ株式会社(2007年1月22日~2008年4月)

【株式上場履歴】
<東証マザーズ>2017年3月24日~

【沿革】
2006年12月 当社医薬品開発事業の準備拠点として、JapanBridge Inc.を米国に設立
2007年1月 バジャカラ株式会社(現当社)設立
2008年4月 JapanBridge Inc.が当社を買収し、JapanBridge Inc.より医薬品開発事業を承継。ジャパンブリッジ株式会社(現当社)に商号を変更
2008年5月 開発品SP-01 Sancuso®の日本、台湾、シンガポール、マレーシア、中国(香港、マカオ含む)での独占的開発販売権をStrakan International Ltd.(現Strakan International S.A.)(英国)より導入。なお、日本での独占的開発販売権は2011年1月にStrakan International Ltd.に返還
2008年9月 ソレイジア・ファーマ株式会社に商号を変更
2010年2月 開発品SP-01 Sancuso®の台湾、香港、シンガポール、マレーシアでの独占的開発販売権を協和発酵キリン株式会社に導出
2011年3月 開発品SP-02 darinaparsinのアジア太平洋地域での独占的開発販売権をZIOPHARM Oncology, Inc.(米国)より導入
2011年12月 中国での開発活動を目的として北京に当社代表事務所を開設
2013年1月 中国での販売活動準備を目的として上海に事務所を開設
2014年6月 開発品SP-01 Sancuso®の中国における新薬承認申請
2014年7月 開発品SP-02 darinaparsinの米国、欧州諸国の独占的開発販売権をZIOPHARM Oncology, Inc.(米国)より導入
2014年9月 開発品SP-01 Sancuso®のマカオでの独占的開発販売権を協和発酵キリン株式会社に導出
2014年12月 中国上海に、当社製品の医薬情報提供を行うための子会社(Solasia Medical Information Consulting (Shanghai) Co. Ltd.)を設立
2015年1月 開発品SP-02 darinaparsinの日本での独占的開発販売権をMeiji Seika ファルマ株式会社に導出
2015年3月 開発品SP-03 episil®の日本、中国での独占的開発販売権をCamurus AB(スウェーデン)より導入
2015年11月 開発品SP-01 Sancuso®の中国(北京、上海、広州、香港、マカオを除く)での独占的販売権をLee's Pharmaceutical (HK) Limitedに導出
2016年5月 開発品SP-03 episil®の中国における医療機器製造販売承認申請
2016年10月 開発品SP-03 episil®の日本における医療機器製造販売承認申請
2016年11月 開発品SP-03 episil®の日本での独占的販売権をMeiji Seika ファルマ株式会社に導出
2017年2月 開発品SP-03 episil®の中国(北京、上海、広州を除く)での独占的販売権をLee's Pharmaceutical (HK) Limitedに導出