※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第一電工

【商号履歴】
第一電工株式会社(1946年9月~2002年10月1日ウインテックワイヤー株式会社に合併)
北見金鉱株式会社(1945年9月~1946年9月)
白石金鉱株式会社(1936年7月~1945年9月)

【株式上場履歴】
<東証1部>1983年9月1日~2002年7月26日(三菱マテリアル株式会社と株式交換)
<東証2部>1963年10月1日~1983年8月31日(1部指定)
<東証1部>1958年8月13日~1963年9月30日(2部に指定替え)

【沿革】
1936(昭和11)年7月 白石元次郎、金鉱開発の目的で白石金鉱株式会社設立
1945(昭和20)年9月 商号を北見金鉱株式会社と変更
1946(昭和21)年9月 商号を第一電工株式会社と変更。事業目的を「特殊電池、電解工業品の製作並びに販売」に変更
1948(昭和23)年5月 事業目的中に新たに「絶縁電線、その他特殊電線の製造および販売」を付加
1949(昭和24)年4月 日本無線株式会社田口工場を買収、当社田口工場とする
1951(昭和26)年2月 事業目的中「特殊電池、電解工業品の製作並びに販売」を削除
1951(昭和26)年6月 川崎工場を新設、塩化ビニール線製造開始
1951(昭和26)年7月 田口工場にて焼付塗装線の量産に入る
1953(昭和28)年11月 事業目的中「絶縁電線、その他の特殊電線の製造販売」を「電線の製造販売」に改める
1954(昭和29)年3月 株式会社中野銅線工場(資本金45万円)を1体1にて吸収合併、当社大阪工場とする。これにより、荒引線よりの一貫製造工程が可能となる。平角線、綿、紙巻線の量産に入る
1958(昭和33)年2月 塩化ビニールの設備拡充のため川崎工場を東京都練馬区に移転し、東京工場を改称
1958(昭和33)年8月 東京証券取引所に上場(資本金150百万円)
1960(昭和35)年11月 大阪工場手狭のため大阪工場を移転し、尼崎工場と改称。尼崎工場にて焼付塗装線製造開始
1966(昭和41)年10月 塩化ビニール線及び通信用ケーブルの生産拡充のため、東京都東久留米市に東京工場を新設移転
1968(昭和43)年11月 事業目的中「電線の製造販売」を「電線並びに電気機器の製造販売」に改める
1975(昭和50)年5月 事業目的中「電線並びに電気機器の製造販売」を「電線電纜、電線用資材ならびに電気機器の製造販売」に改める
1977(昭和52)年7月 塩化ビニール線拡充のため宮城県柴田郡村田町に仙台工場を新設
1979(昭和54)年9月 台湾に合弁会社台一電線工業股份有限公司を設立
1981(昭和56)年10月 台一電線工業股份有限公司で焼付塗装線の製造開始
1983(昭和58)年6月 事業目的中に新たに「機械機器の製造および販売」を付加
1983(昭和58)年9月 東京証券取引所市場第一部に指定替え
1984(昭和59)年8月 滋賀県甲賀郡信楽町に信楽工場新設、焼付塗装線の製造開始
1984(昭和59)年10月 田口工場に極細線専門工場を新設
1985(昭和60)年7月 仙台工場に被覆線加工工場を増設
1986(昭和61)年4月 静岡県小笠郡大東町に被覆線他の加工工場として静岡工場を新設
1986(昭和61)年5月 米国ミズーリ州メキシコ市に現地法人OPTEC D.D.U.S.A.,INC.(米国第一電工株式会社)を設立
1987(昭和62)年8月 英国クルエド州バックリー現地法人OPTEC D.D.(U.K.)LIMITED(英国第一電工株式会社)を設立
1988(昭和63)年11月 オランダ、ハーレムに現地法人OPTEC FINANCE NETHERLANDS B.V.を設立
1989(平成元)年7月 台一電線工業股份有限公司と国際電線電纜有限公司が合併し、商号を台一国際股份有限公司とする
1990(平成2)年6月 山口県玖珂郡玖珂町に被覆線他の加工工場として山口工場を新設
1990(平成2)年10月 シンガポールに現地法人OPTEC D.D.SINGAPORE PTE LTDを設立
1992(平成4)年12月 米国ミズーリ州チェスターフィールドに現地法人OPTEC SALES INC. OF AMERICAを設立
1993(平成5)年6月 事業目的中「機械機器の製造および販売」を削除し新たに「光ファイバならびに情報伝送・処理に関する危機およびシステムの製造販売」、「電子機械器具部品用セラミックスの製造販売」、「工業用、建築用、家庭用等の合成樹脂材料の製造加工販売」を付加
1994(平成6)年11月 中華人民共和国青島市に合弁会社青島第一電工有限公司を設立
1995(平成7)年9月 東京工場を東京都の住宅建設のために譲渡
1995(平成7)年10月 インドネシア共和国ブカシ市に現地法人PT. OPTEC D.D.(INDONESIA)を設立
1998(平成10)年3月 山口工場を閉鎖、英国現地法人OPTEC D.D.(UK)LIMITEDを清算