日新電機
本店:京都市右京区梅津高畝町47番地

【商号履歴】
日新電機株式会社(1917年4月11日~)

【株式上場履歴】
<東証1部>1961年10月2日~
<大証1部>1949年5月16日~
<京証>1949年7月 日~2001年3月1日(取引所閉鎖)

【合併履歴】
1968年2月 日 株式会社立正電機製作所

【沿革】
大正6年4月 資本金50万円をもって日新電機株式会社を設立。電気計器、配電盤及び付属電気機器の製造を行う。
昭和12年2月 京都市右京区梅津高畝町47番地の現在地に本社工場を建設。住友電気工業株式会社と提携、OF式コンデンサの付属機器の製造を開始
昭和20年12月 住友電気工業株式会社よりOF式コンデンサの製造を引き継ぐ。
昭和24年5月 大阪証券取引所に上場
昭和24年7月 京都証券取引所(平成13年3月に大阪証券取引所に吸収合併)に上場
昭和36年10月 東京証券取引所市場第一部に上場
昭和38年4月 群馬県前橋市総社町に前橋製作所を新設
昭和43年2月 株式会社立正電機製作所(油遮断器、配電盤等の製造)と合併
昭和45年6月 電子線照射装置の製造を行う子会社として日新ハイボルテージ株式会社を設立(平成15年10月、株式会社NHVコーポレーションに事業を移管) (現、連結子会社)
昭和52年5月 電気設備・機器の据付及び関連工事を行う子会社として日新工事株式会社を設立(平成10年10月、日新テクノス株式会社と合併)(現、連結子会社)
昭和55年8月 電気設備・機器の調整及び保守点検等を行う子会社として日新技術サービス株式会社を設立(平成10年10月、日新テクノス株式会社に社名変更)(現、連結子会社)
昭和61年7月 久世工場内にイオン機器工場を新設
昭和62年10月 タイ国に小形コンデンサ、電機部品等の製造及び販売を行う子会社として日新電機タイ株式会社を設立(現、連結子会社)
平成3年10月 台湾にガスコンデンサ及びガス絶縁開閉装置の製造及び販売を行う子会社として、日亜電機股份有限公司を設立(現、連結子会社)
平成11年4月 イオン注入装置及びイオンドーピング装置などの製造、据付工事、調整等の業務を日新イオン機器株式会社に移管(平成17年10月、同事業の営業権についても同社に譲渡) (現、連結子会社)
平成13年1月 中国に電力用コンデンサの製造及び販売を行う子会社として日新電機(無錫)電力電容器有限公司を設立(平成16年8月、無錫日新電機有限公司と合併の上、日新電機(無錫)有限公司に社名変更(現、連結子会社))
平成13年9月 中国にガス絶縁開閉装置の製造及び販売を行う子会社として北京北開日新電機高圧開関設備有限公司を設立(現、連結子会社)
平成13年12月 日新受配電システム株式会社を設立し、配電盤(特別仕様を除く)の製造等の業務を移管(現、連結子会社)
平成14年4月 株式会社エコトロンを設立し、シリコンカーバイド半導体デバイスの開発、製造及び販売の業務を移管(現、連結子会社)。中国にガス絶縁変成器の製造及び販売を行う子会社として日新(無錫)機電有限公司を設立(現、連結子会社)
平成17年2月 薄膜コーティングサービスを行う関連会社であった日本アイ・ティ・エフ株式会社の株式を追加取得し、子会社化(現、連結子会社)
平成18年11月 ベトナムに産業用部品の製造・加工の請負等を行う子会社として日新電機ベトナム有限会社を設立 (現、連結子会社))
平成19年3月 中国に薄膜コーティングサービスの請負を行う子会社として日新高性能涂層(東莞)有限公司を設立 (現、連結子会社))
平成19年3月 中国に薄膜コーティング技術等の研究開発を行う子会社として日新(大連)高性能涂層技術有限公司を設立 (現、連結子会社))