本社:東京都目黒区下目黒2-23-28

【商号履歴】
若築建設株式会社(1965年7月1日~)
若松築港株式会社(1893年7月~1965年7月1日)
若松築港会社(1890年5月23日~1893年7月)

【株式上場履歴】
<東証1部>1962年8月1日~
<東証2部>1961年10月2日~1962年7月31日(1部指定)
<店頭>1959年8月 日~1961年10月1日(東証2部上場)

【筆頭株主】
若築建設協力会社持株会

【連結子会社等】
(連結子会社)
新総建設㈱ 千葉市中央区 47.52%
大丸防音㈱ 東京都中央区 65.00%
㈱都市空間 北九州市若松区 100.00%
(持分法適用関連会社)
佐藤工業 東京都中央区 33.40%
田浦開発㈱ 横浜市西区 33.33%
門司港開発㈱ 北九州市門司区 26.58%

【合併履歴】
1975年7月1日 昭和ドレッジング株式会社
1972年8月1日 川田工業株式会社
1902年7月 日 洞海北湾埋渫合資会社

【沿革】
当社は、北九州若松港の築造及び経営を目的として、明治23年5月、資本金60万円をもって若松築港会社として設立されました。明治26年7月、旧商法の施行に伴い改組して社名を若松築港株式会社に改め、さらに明治35年7月、事業目的を同じくする洞海北湾埋渫合資会社を合併しました。会社は、入出港船から港銭を徴収することを認められ、私営港としての若松港の経営を担い、同港の整備拡充に努めました。また、一方では、洞海湾沿岸に、250万坪にのぼる埋立地を造成するなど、洞海湾の総合開発と北九州工業地帯の基盤づくりに力を入れました。しかし、昭和13年4月、若松港が官営港として福岡県に移管されることとなり、これを契機に当社は港湾土木請負業に転じ、主として西日本を中心に営業を展開していきました。
昭和25年10月 建設業法による建設大臣登録(イ)第2055号の登録完了
昭和28年4月 東京支店設置
昭和32年5月 若築不動産株式会社(平成13年9月株式会社都市空間に商号変更 現・連結子会社)設立
昭和33年4月 名古屋支店設置
昭和34年3月 大阪支店設置
昭和34年8月 当社株式、東京店頭市場に公開
昭和34年8月 東京本部設置
昭和36年10月 当社株式、東京証券取引所第二部に上場
昭和37年8月 当社株式、東京証券取引所第一部に上場
昭和40年1月 北九州支店、南九州支店を統合して九州支店設置
昭和40年7月 若築建設株式会社に商号変更
昭和43年4月 東北支店及び千葉支店設置
昭和43年7月 宅地建物取引業法による建設大臣免許(1)第456号を取得(以後有効期間満了ごとに更新)
昭和45年1月 北陸支店設置
昭和47年8月 川田工業株式会社を吸収合併
昭和48年5月 中国支店設置
昭和49年3月 建設業法改正により、建設大臣許可(特-48)第3650号の許可を受ける(以後有効期間満了ごとに更新)
昭和49年5月 築洋建設株式会社(昭和54年1月新総建設株式会社に商号変更 現・連結子会社)設立
昭和50年7月 昭和ドレッジング株式会社を吸収合併
昭和51年4月 スエズ運河浚渫工事を受注し、海外へ進出
昭和54年2月 北海道支店設置
昭和59年4月 横浜支店設置
昭和60年8月 株式会社ヘルスエンタープライズ設立
平成3年4月 四国支店設置
平成6年4月 株式会社九創(現・連結子会社)を新総建設株式会社より分社
平成9年7月 大丸防音株式会社(現・連結子会社)の経営権を取得
平成15年6月 佐藤工業株式会社(現・持分法適用会社)に資本参加
平成16年10月 株式会社ヘルスエンタープライズ清算
平成17年10月 新総建設株式会社が株式会社九創を吸収合併

添付ファイル