※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

富士製粉

本店:静岡市清水区清開三丁目1番18号

【商号履歴】
富士製粉株式会社(1949年8月~2006年4月1日日東製粉株式会社に合併)
静岡県食糧品工業株式会社(1943年8月~1949年8月)
岳麓製粉株式会社(1941年7月10日~1943年8月)

【株式上場履歴】
<名証2部>1961年10月2日~2006年3月28日(日東製粉株式会社に合併)
<東証2部>1961年10月2日~1968年8月23日(売買高不足)

【沿革】
昭和16年7月 静岡県清水市に岳麓製粉㈱として設立
昭和17年9月 本社を静岡県三島市に移転
昭和18年8月 社名を静岡県食糧品工業㈱に改称
昭和24年8月 社名を富士製粉㈱に改称
昭和26年9月 静岡県磐田市の静岡県購連磐田工場を買収し、精麦・澱粉工場として磐田工場を開設
昭和28年12月 本社を静岡県静岡市に移転
昭和31年9月 本社を静岡県清水市に移転
昭和31年10月 本社所在地に製粉工場を建設(現本社工場、Aミル)
昭和32年6月 本社工場の精麦事業を企業整備により廃止
昭和33年12月 東京都府中市の武蔵製粉㈱を買収し、ふすま専管工場として府中工場を開設
昭和35年12月 磐田工場の精麦・澱粉事業を廃止、畜産飼料工場を建設
昭和36年10月 名古屋証券取引所市場第二部に株式を上場
昭和39年11月 本社工場に製粉工場第2セット(Bミル)を増設
昭和41年6月 本社工場に養魚飼料工場を建設
昭和42年1月 本社工場に鈴与倉庫㈱と共同による穀物サイロを建設
昭和45年7月 静岡県袋井市に養魚試験場を開設
昭和46年5月 富士製粉運輸㈱(現在非連結子会社)を設立
昭和54年6月 静岡県清水市に土地・建物を買収、養魚飼料工場を建設(現草薙工場)。本社工場の養魚飼料工場は廃止
平成2年3月 磐田工場を廃止
平成2年10月 静岡県袋井市において倉庫業を開始
平成7年6月 府中工場を廃止
平成9年2月 本社製粉工場にデュラムミル(Cミル)を新設
平成12年11月 静岡県清水市(本社工場隣接地)に土地・建物を取得(現配送センター)
平成14年4月 静岡県清水市(本社工場隣接地)に食品工場を新設。本社工場の食品工場は廃止
平成16年3月 草薙工場を廃止