※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

西洋フード・コンパスグループ
本店:東京都豊島区東池袋三丁目13番3号

【商号履歴】
西洋フード・コンパスグループ株式会社(2007年4月~)
株式会社西洋フードシステムズ(1989年10月1日~2007年4月)
株式会社レストラン西武(1976年6月29日~1989年10月1日)
キンケイ食品工業株式会社(1953年4月~1976年6月29日)
荏原食品工業株式会社(1947年9月6日~1953年4月)

【株式上場履歴】
<東証1部>1983年10月1日~2002年10月17日(株式会社西洋フードシステムズ・ホールディングに株式移転)
<東証2部>1961年10月2日~1983年9月30日(1部に指定替え)

【合併履歴】
2007年4月 日 株式会社西洋フードシステムズ九州
2007年4月 日 株式会社フードライフ
2007年4月 日 株式会社ラピスタ
2005年4月 日 コンパス・グループ・ホールディング・ジャパン株式会社等3社
1985年4月 日 株式会社レストランセミカ
1976年3月 日 株式会社レストラン西武

【沿革】
昭和22年9月 荏原食品工業株式会社を設立。
昭和28年4月 キンケイ食品工業株式会社に商号変更。
昭和36年7月 東京証券取引所市場第二部に上場。
昭和51年3月 株式会社レストラン西武を吸収合併。
昭和51年6月 株式会社レストラン西武に商号変更。
昭和54年11月 フランス「ルノートル社」との提携による、食品事業の本格的展開を開始。
昭和58年10月 東京証券取引所市場第一部に上場。
昭和60年4月 株式会社レストランセミカを吸収合併。
平成元年4月 大阪市に関西本部を設置。
平成元年10月 株式会社西洋フードシステムズに商号変更。
平成2年11月 第12回食品産業優良企業等表彰事業で「農林水産大臣賞」受賞。
平成3年3月 都庁新庁舎にキャフェテリアを開店。
平成3年6月 株式会社西洋フードシステムズ九州(現 連結子会社)が株式会社壽屋より郊外ロードサイドレストラン「グルッペ」42店舗を譲り受ける。
平成3年7月 東名高速道路海老名サービスエリア(下り線)の全面改築に伴い「CASA」「小吃坊」「フードコート」等の複合店舗開店。
平成4年7月 川越食品流通センターの稼動開始。
平成9年4月 北海道事業部を新設。
平成9年12月 東京湾横断道路の海ほたるパーキングエリアに「グラン・ヴューCASA」他3店を出店。
平成12年4月 株式会社ラピスタ(現 連結子会社)の株式の発行済総数の49%を取得し、南条サービスエリアに出店。
平成13年3月 海老名サービスエリア店・海ほたるパーキングエリア店において、高速道路の飲食施設としては日本初の環境マネジメントシステム規格『ISO14001』の認証を取得。
平成13年4月 株式会社エースカフェテリア(現 連結子会社)の株式の発行済総数の41%を追加取得しキャフェテリア13店舗を譲り受ける。
平成13年10月 株式会社そごうの100%子会社であるそごう商事株式会社が運営する飲食・喫茶の営業部門全43店舗の営業権を譲り受ける。
平成14年1月 世界有数のフードサービスグループ「コンパス・グループ」との戦略的提携(第三者割当による新株発行増資と公開買付)を行い、「コンパス・グループ」の傘下となる。
平成14年3月 環境マネジメントシステム規格『ISO14001』の取得範囲を拡大し、東京本社はじめ子会社を含む各事務所と、コントラクト事業部の9店舗が取得する。
平成14年6月 「メディフォース・グループ」(㈱メディフォース、㈱メディックス、㈱メディフォース鹿児島)の株式を取得子会社化。
平成14年10月 株式移転により、完全親会社「西洋フードシステムズ・ホールディング」を設立、東京証券取引所市場第一部から上場廃止。
平成15年2月 「栄食フードサービス・グループ」(㈱栄食フードサービス(北九州市)他3社)の株式を取得子会社化。
平成15年3月 『ISO14001』の認証範囲をさらに拡大し、コントラクト事業の289店舗が認証取得。
平成16年2月 『ISO14001』の更新・拡大審査において、閉鎖を除いた全263店舗が更新をクリア。
平成17年4月 持株会社であるコンパス・グループ・ホールディング・ジャパン株式会社等の3社を吸収合併。
平成19年3月 「ISO14001」の更新・拡大審査において、グループ会社も含め456拠点で認証更新。
平成19年4月 株式会社西洋フードシステムズ九州、株式会社フードライフ、株式会社ラピスタを吸収合併し、西洋フード・コンパスグループ株式会社に商号変更。