本店:神奈川県海老名市大谷北一丁目9番1号


【商号履歴】
アツギ株式会社(1999年10月~)
厚木ナイロン工業株式会社(1960年1月~1999年10月)
厚木編織株式会社(1947年12月24日~1960年1月)

【株式上場履歴】
<東証1部>1962年10月1日~
<大証1部>1962年10月1日~2013年7月15日(東証に統合)
<名証1部>1962年10月 日~2003年3月4日(上場廃止申請)
<福証>1962年10月 日~2003年3月4日(上場廃止申請)
<札証>1971年9月 日~2003年3月4日(上場廃止申請)
<東証2部>1961年10月2日~1962年9月30日(1部指定)
<大証2部>1961年12月5日~1962年9月30日(1部指定)

【合併履歴】
1999年10月 日 厚木ナイロン商事株式会社
1988年12月 日 アツギメカトロ株式会社
1988年12月 日 厚木ナイロンミサワホーム株式会社

【沿革】
昭和22年12月 創業者である堀禄助が厚木編織株式会社を設立、現在の本社所在地(神奈川県海老名市)で捕鯨用ロープ、撚糸、靴下、メリヤス肌着等の製造販売開始。(当社の設立年月日:昭和22年12月24日資本金195千円)。
昭和27年1月 シームレスストッキング及びタイツの製造販売に着手。
昭和35年1月 厚木ナイロン工業株式会社と商号変更。
昭和35年9月 東京店頭売買承認銘柄として株式公開。
昭和36年5月 全国に直販網の確立を目的として、厚木ナイロン商事株式会社を設立、シームレスストッキング、シームレスタイツ等の本格的国内販売開始。
昭和36年10月 東京証券取引所市場第二部発足と同時に同市場承認銘柄となる。
昭和37年10月 東京、大阪、名古屋、各証券取引所市場第一部及び福岡証券取引所に上場。
昭和38年8月 海外販売を目的として厚木ナイロン香港有限公司(現連結子会社 厚木香港有限公司)を設立。
昭和38年10月 東京証券取引所市場第一部信用銘柄となる。
昭和39年4月 ファンデーション、ランジェリーの製造販売開始。
昭和41年5月 ストッキングの増産のため、アツギむつナイロン株式会社を設立(青森県むつ市)。
昭和43年6月 パンティストッキングの製造販売開始。
昭和43年12月 パンティストッキングの増産のため、アツギ白石ナイロン株式会社を設立(宮城県白石市)。
昭和45年6月 パンティストッキングの増産のため、アツギ佐世保ナイロン株式会社を設立(長崎県佐世保市)。ソックス類の本格製造販売開始。
昭和46年9月 札幌証券取引所に上場。
昭和47年10月 ミサワホーム株式会社と業務提携し、厚木ナイロンミサワホーム株式会社を設立(神奈川県海老名市)。
昭和49年3月 メリヤス肌着の本格製造販売開始。
昭和52年6月 物流部門を独立させ、アツギ物流株式会社を設立(神奈川県海老名市)。
昭和52年10月 アツギむつナイロン株式会社がアツギ白石ナイロン株式会社を吸収合併し、東北アツギ株式会社に商号変更。
昭和54年3月 フルサポーティパンティストッキングの製造販売開始。
昭和59年11月 繊維機械研究開発部門を独立させ、アツギメカトロ株式会社を設立(神奈川県海老名市)。
昭和61年2月 本社を東京都中央区から、神奈川県海老名市へ移転。
昭和61年6月 厚木ナイロン商事株式会社がアツギ物流株式会社を吸収合併。
昭和63年12月 アツギメカトロ株式会社及び厚木ナイロンミサワホーム株式会社を吸収合併。
平成元年10月 パンティストッキング等繊維製品の自動販売機による販売を行うため、厚木ナイロンサービス株式会社を設立(神奈川県海老名市)。
平成4年10月 住宅の建設販売部門をアツギミサワ住宅㈱(現㈱ミサワホームアーバン)へ営業譲渡。
平成10年11月 アツギむつ株式会社及びアツギ白石株式会社を設立。業務請負会社として青森スタッフ株式会社、宮城スタッフ株式会社、神奈川スタッフ株式会社(現連結子会社)、長崎スタッフ株式会社を設立。
平成11年3月 東北アツギ株式会社はアツギむつ株式会社及びアツギ白石株式会社に営業を譲渡し、東北アツギ株式会社は解散。
平成11年10月 厚木ナイロン商事株式会社を吸収合併し、アツギ株式会社に商号変更。
平成12年9月 介護用品の製造販売を目的として、アツギケア株式会社(現連結子会社)を設立。印刷、製袋部門を独立させ、アツギ印刷株式会社(現連結子会社)を設立。
平成12年10月 青森スタッフ株式会社はアツギむつ株式会社(現連結子会社)と、宮城スタッフ株式会社はアツギ白石株式会社(現連結子会社)と、長崎スタッフ株式会社はアツギ佐世保株式会社(現連結子会社)とそれぞれ合併。
平成13年12月 中国での靴下製造を目的として煙台厚木華潤靴下有限公司(現連結子会社)を設立。
平成14年10月 中国でのインナーウェア製造を目的として、阿姿誼(上海)針織有限公司(現連結子会社)を設立。
平成15年3月 名古屋、福岡、札幌、各証券取引所の上場廃止。
平成15年12月 アツギ佐世保株式会社は、繊維製品製造を中止し、物流業務請負会社に業態変更。
平成16年6月 中国の輸出入業務の委託を目的として、阿姿誼(上海)国際貿易有限公司(現連結子会社)を設立。
平成19年10月 アツギむつ株式会社がアツギ白石株式会社及びアツギ印刷株式会社を吸収合併し、アツギ東北株式会社(現連結子会社)に商号変更。
平成20年7月 中国での販売を目的として、厚木(上海)時装貿易有限公司(現連結子会社)を設立。
平成21年12月 中国での靴下製造を目的として、厚木靴下(煙台)有限公司(現連結子会社)を設立。

添付ファイル