※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

東邦アセチレン

【商号履歴】
東邦アセチレン株式会社(1955年3月7日~1963年12月10日秋田電化工業株式会社に合併)

【株式上場履歴】
<東証2部>1961年10月2日~1963年10月25日(秋田電化工業株式会社に合併)

【沿革】
当社は、昭和30年3月7日、溶解アセチレンの製造販売を事業目的とし、山形県酒田市に資本金300万円をもって設立されました。その後、酸素、窒素、液化石油ガス等各種高圧ガスの製造、仕入販売並びに溶接・切断器具・機械、生活関連用品の仕入販売を行う等逐次業容を拡大し、今日に至っております。なお、株式の額面金額を500円から50円に変更するため、昭和38年12月10日秋田電化工業株式会社に吸収合併されました。
昭和30年3月 山形県酒田市に酒田工場新設、溶解アセチレンの製造開始。(昭和40年9月溶解アセチレン製造廃止。現東邦酒田水素株式会社)
昭和31年12月 東京都江戸川区に東京工場新設、溶解アセチレンの製造開始。(昭和43年12月溶解アセチレン製造廃止。昭和44年9月、千葉県浦安市へ移転、現株式会社東邦関東ガスセンター)
昭和32年12月 福島県郡山市に郡山工場新設、溶解アセチレンの製造開始。(平成4年11月溶解アセチレン製造廃止。現郡山事業所)
昭和33年11月 本店を東京都中央区に移転。
昭和34年4月 宮城県多賀城市に仙台工場新設、溶解アセチレンの製造開始。(昭和42年12月溶解アセチレンの製造廃止。現仙台事業所)
昭和34年4月 東京工場にて圧縮酸素の製造開始。
昭和36年9月 東京証券取引所市場第2部に上場。(昭和38年10月合併のため上場を廃止、昭和39年1月再上場)
昭和36年11月 青森県八戸市に八戸工場新設。(現八戸事業所)
昭和37年10月 新潟県西蒲原郡黒埼町(現新潟市)に新潟事業所新設。(現新潟営業所)
昭和37年11月 八戸工場にて溶解アセチレンの製造開始。(平成12年12月溶解アセチレン製造廃止。)
昭和38年4月 秋田県秋田市に株式会社山酸設立。(昭和43年6月社名を太平熔材株式会社に変更。)