大日精化工業
本店:東京都中央区日本橋馬喰町1丁目7番6号

【商号履歴】
大日精化工業株式会社(1944年~)
彩華色素工業株式会社(1939年12月20日~1944年)

【株式上場履歴】
<東証1部>1969年2月1日~
<東証2部>1961年10月2日~1969年1月31日(1部に指定替え)

【沿革】
当社は昭和6年彩華顔料合資会社として創業し、同14年彩華色素工業株式会社に改称組織変更し、同19年同業2社を吸収合併するとともに大日精化工業株式会社に改称して現在にいたった。
昭和14年 彩華色素工業株式会社を設立し、昭和6年創立の彩華顔料合資会社の営業を継承し一般顔料の製造を開始。
昭和19年 大日精化工業株式会社と改称し同業2社を吸収合併。
昭和20年 本社(中央区)、東京工場(現・製造事業所)にて操業開始。
昭和22年 札幌営業所、工場(現・北海道大日精化工業㈱、連結子会社)開設。ハイブリッジ㈱(連結子会社)設立。
昭和23年 プラスチック着色料ビニールトーナーカラーを開発し国産化に成功。
昭和25年 大阪営業所(現・西日本支社)開設。
昭和28年 化・合成繊維用原液着色料、水性捺染着色料を開発し国産化に成功。
昭和32年 総合研究所(現・技術研究センター)を設立し顔料の研究体制を確立。浮間合成㈱(連結子会社)設立。
昭和35年 大阪工場(現・製造事業所)開設。
昭和36年 東京証券取引所市場第二部へ上場。
昭和37年 本社新社屋落成。香港駐在事務所(現・大日精化(香港)有限公司、連結子会社)開設。
昭和38年 成田工場(現・ハイテックケミ㈱、連結子会社)開設。
昭和39年 名古屋営業所(現・中部支社)開設。太洋化工㈱(現・大阪化工㈱、連結子会社)設立。
昭和42年 合成皮革用樹脂及び表面処理剤を製造開始。
昭和43年 東海工場(現・製造事業所)開設。大淀工場(現・大淀大日精化工業㈱、連結子会社)開設。仙台出張所(現・支店)開設。京都出張所(現・支店)開設。
昭和44年 東京証券取引所市場第一部へ上場。九州営業所(現・九州大日精化工業㈱、連結子会社)開設。名古屋化工㈱(連結子会社)設立。
昭和45年 ニューヨーク駐在事務所(現・DAICOLOR USA,INC.、連結子会社)開設。(昭和53年ニュージャージに移転)
昭和47年 川口工場(現・製造事業所)開設。
昭和48年 TAI CHIN CHEMICAL INDUSTRY CO.,LTD.設立。
昭和49年 東海工場(現・製造事業所)に画期的な大型排水処理設備を完成。サンパウロ駐在事務所(現・DAICOLOR DO BRASIL,IND.E COM.LTDA.)開設。
昭和52年 三宝精密化学工業㈱設立。
昭和54年 ダイセコ㈱(連結子会社)設立。
昭和59年 DAICOLOR ITALY S.R.L.(連結子会社)設立。
昭和60年 北陸営業所(現・支店)開設。
昭和61年 DAINICHISEIKA,INC.(連結子会社)設立。
昭和62年 広島化工㈱(連結子会社)設立。
昭和63年 HI-TECH COLOR,INC.(連結子会社)設立。
平成元年 INTERMEDIOS ORGANICOS S.A.(現・DAICOLORCHEM EU, S.A.、連結子会社)買収。
平成元年 DAINICHI COLOR(THAILAND),LTD.(連結子会社)設立。関東大日精化工業㈱(連結子会社)設立。
平成元年 大日システムファイナンス㈱(現・ディー・エス・エフ㈱、連結子会社)設立。PLALLOY MTD B.V.設立。
平成4年 DAINICHISEIKA CHEMICAL(SHENZHEN)FACTORY LTD.(連結子会社)設立。
平成5年 交野製造事業所開設。NICOLOR CO.,LTD.(連結子会社)設立。
平成7年 P.T. HI-TECH INK INDONESIA(連結子会社)設立。東莞大日化工廠有限公司(連結子会社)設立。
平成8年 滋賀製造所開設。
平成9年 DAINICHISEIKA(HK)COLORING CO.,LTD.(連結子会社)設立。DAICOLOR PHILIPPINES,INC.(連結子会社)設立。
平成15年 大日精化(上海)化工有限公司設立。