※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

昭和高分子
本店:東京都千代田区神田錦町三丁目20番地

【商号履歴】
昭和高分子株式会社(1969年11月1日~2010年7月1日昭和電工株式会社に合併)
理研合成樹脂株式会社(1939年2月~1969年11月1日)
理研琥珀工業株式会社(1937年11月~1939年2月)

【株式上場履歴】
<東証1部>1987年9月1日~2006年8月28日(昭和電工株式会社に株式交換)
<大証1部>1987年9月1日~2003年11月29日(上場廃止申請)
<東証2部>1964年10月1日~1987年8月31日(1部に指定替え)
<大証2部>1964年10月1日~1987年8月31日(1部に指定替え)
<東証1部>1962年9月1日~1964年9月30日(2部に指定替え)
<大証1部>1962年9月1日~1964年9月30日(2部に指定替え)
<東証2部>1961年10月2日~1962年8月31日(1部に指定替え)
<大証2部>1962年3月5日~1962年8月31日(1部に指定替え)

【合併履歴】
1989年11月 日 大分エマルジョン株式会社
1985年3月 日 昭和ユニオン合成株式会社
1969年11月1日 高分子化学工業株式会社

【沿革】
昭和12年11月 当社は、財団法人理化学研究所(当時)において研究完成した琥珀の可塑化及び応用品の事業化を目的として設立、理研琥珀工業株式会社と称した。
昭和14年2月 事業の目的を合成樹脂及び応用品の製造に変更するとともに、商号を理研合成樹脂株式会社に変更した。
昭和14年10月 高崎工場を開設した。
昭和28年10月 不飽和ポリエステル樹脂初の国産化に成功した。
昭和36年10月 東京証券取引所市場第二部に株式上場した。
昭和40年9月 ビニルエステル樹脂初の国産化に成功した。
昭和44年5月 伊勢崎工場を開設した。
昭和44年11月 高分子化学工業株式会社(エマルジョン重合系樹脂等メーカー)を吸収合併するとともに、商号を昭和高分子株式会社に変更した。
昭和46年9月 龍野工場を開設した。
昭和51年2月 チャック付ポリ袋の製造を目的として子会社ハイパック株式会社を設立した。
昭和60年3月 昭和ユニオン合成株式会社(工業用フェノール樹脂メーカー)を吸収合併した。
昭和62年9月 東京証券取引所の市場第一部銘柄に指定された。
平成元年11月 大分エマルジョン株式会社(東京本社、大分工場、エチレン酢ビエマルジョンメーカー)を吸収合併した。
平成9年5月 合成樹脂成形材料の製造を目的として関連会社エターナルショウワハイポリマーCo.,Ltd.を設立した。(第105期より連結子会社化)
平成12年7月 合成樹脂の製造を目的として子会社上海昭和高分子有限公司を設立した。