東北特殊鋼
本店:仙台市太白区長町七丁目20番1号

【商号履歴】
東北特殊鋼株式会社(1937年4月20日~)

【株式上場履歴】
<大証JASDAQ>2010年4月1日~
<ジャスダック>2004年12月13日~2010年4月1日(取引所閉鎖)
<店頭>1997年9月25日~2004年12月12日(店頭登録制度廃止)
<店頭管理>1978年7月 日~1997年9月24日(店頭登録へ)
<東証2部>1961年10月2日~1978年7月1日(資本の額不足)

【合併履歴】
1938年4月 日 仙台特殊鋼株式会社

【沿革】
当社は故本多光太郎博士をはじめ、東北大学工学部及び同金属材料研究所の全面的なご指導、ご協力のもとに各種特殊鋼を製造するため、特に仙台市に工場を設置したものであります。従って、産学協同を経営の基本として今日に至っております。
昭和12年4月 仙台市に資本金500千円をもって東北特殊鋼株式会社を設立。
昭和13年4月 仙台特殊鋼株式会社を合併。
昭和14年9月 仙台市長町字八幡前1番地に仙台工場を起工。
昭和36年10月 東京証券取引所市場第二部に上場。
昭和46年4月 キリンサービス株式会社(現・連結子会社、東特興業株式会社)を設立。
昭和50年11月 当社製造素材使用による加工製品の製造販売開始。
昭和53年7月 東京証券取引所市場第二部上場廃止、同日、社団法人日本証券業協会より店頭管理銘柄に指定される。
昭和55年10月 特殊熱処理の受託並びに同製品の販売開始。
昭和61年5月 土浦工場を新設し、特殊熱処理の受託並びに同製品の販売開始。
昭和62年7月 株式会社児玉工業所(現・連結子会社、東特エステートサービス株式会社)を譲受。
平成2年5月 宮城県村田工業団地へ本社工場を移転。特殊熱処理設備を移転、受託並びに同製品の販売開始。
平成3年8月 本社工場へ加工製品製造設備を移設、同製品の製造販売開始。
平成4年2月 ㈱西友と旧長町工場用地の再開発事業に関し、基本協定を締結。
平成4年5月 本社工場へ本社機構及び二次加工製造設備を移設、同製品の製造販売開始。
平成4年10月 旧長町工場用地を東特エステートサービス株式会社(現・連結子会社)に賃貸開始。
平成5年12月 本社工場へ溶解鍛造、冷鍛、工務試験の各設備を移設、同製品の製造販売開始。
平成9年6月 東特エステートサービス株式会社(現・連結子会社)、不動産賃貸事業開始。
平成9年9月 日本証券業協会に株式を店頭登録。
平成12年1月 本社工場、ISO14001認証取得。
平成15年4月 本社鋼材工場、ISO9001認証取得。
平成16年6月 本社鋼材工場、QS-9000認証取得。
平成16年12月 日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場。
平成16年12月 本社熱処理工場、土浦工場、ISO9001認証取得。
平成17年6月 本社精密加工工場、ISO9001認証取得。
平成17年7月 「環境調和型鉛フリー快削合金材料の発明」において社団法人発明協会より21世紀発明奨励賞受賞。
平成18年2月 茨城県土浦市の東筑波新治工業団地へ土浦工場を移転。
平成18年8月 本社鋼材工場、ISO/TS16949認証取得(国内特殊鋼事業メーカー初)。