※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

中央電気工業
本店:新潟県妙高市大字田口272番地

【商号履歴】
中央電気工業株式会社(1934年2月27日~)

【株式上場履歴】
<東証2部>1961年10月2日~2014年6月26日(日本電工株式会社と株式交換)
<新証>1949年7月4日~2000年3月1日(取引所閉鎖)

【沿革】
昭和9年2月 中央電気株式会社(電力供給と設備提供)と秩父電気工業株式会社(合金鉄製造技術提供)の共同出資により中央電気工業株式会社を設立し、本社を東京都中央区京橋に置く。田口工場(現妙高工場 新潟県)で電気炉による合金鉄の製造を開始
昭和16年11月 電解金属マンガンの製造設備完成
昭和20年5月 本社を現在地に移転
昭和24年7月 新潟証券取引所に上場
昭和36年10月 東京証券取引所市場第二部に上場
昭和44年12月 鹿島工場(茨城県)の建設に着手
昭和45年11月 鹿島工場1号電気炉(40,000KVA)完成
昭和49年2月 中電産業株式会社(現連結子会社)を設立
昭和49年3月 鹿島工場2号電気炉(50,000KVA)完成
昭和51年8月 有限会社越後商事(中電エンタープライズ株式会社)を設立
昭和59年3月 田口工場(現妙高工場)に酸化水酸化マンガンの製造設備完成
昭和61年9月 田口工場(現妙高工場)に化成二酸化マンガンの製造設備完成
平成元年7月 鹿島工場に炭酸亜鉛の製造設備取得
平成3年1月 田口工場(現妙高工場)に四三酸化マンガン及び高級化学二酸化マンガンの製造設備完成
平成4年1月 田口工場(現妙高工場)に水素吸蔵合金製造設備完成
平成5年6月 中電興産株式会社(現連結子会社)を設立
平成7年11月 一般廃棄物処理業開始
平成14年4月 中電産業株式会社と中電エンタープライズ株式会社は中電産業株式会社を存続会社として合併
平成14年6月 産業廃棄物処分業、特別産業廃棄物処分業開始
平成16年10月 鹿島工場に廃棄物溶融リサイクルセンター完成