※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

IHI
本店:東京都江東区豊洲三丁目1番1号

【商号履歴】
株式会社IHI(2007年7月1日~)
石川島播磨重工業株式会社(1960年12月1日~2007年7月1日)
石川島重工業株式会社(1945年6月~1960年12月1日)
株式会社東京石川島造船所(1893年9月~1945年6月)
有限責任石川島造船所(1889年1月17日~1893年9月)

【株式上場履歴】
<東証1部>1949年5月16日~
<名証1部>1949年5月16日~
<福証>1949年7月 日~
<札証>1952年9月 日~
<大証1部>1949年6月10日~2013年7月15日(東証に統合)
<京証>1949年7月 日~2001年3月1日(取引所閉鎖)
<広証>1958年3月 日~2000年3月1日(取引所閉鎖)
<新証>1949年7月 日~2000年3月1日(取引所閉鎖)

【合併履歴】
1968年3月 日 株式会社呉造船所
1967年10月 日 芝浦共同工業株式会社
1964年5月 日 名古屋造船株式会社
1964年5月 日 名古屋重工業株式会社
1962年11月 日 石川島芝浦精機株式会社
1962年11月 日 芝浦ミシン株式会社
1960年12月 日 株式会社播磨造船所

【沿革】
明治22年1月 当社は,嘉永6年ペルリ渡来を動機として隅田河口の石川島に幕命により創設せられ,明治9年,平野富二の個人経営となり石川島平野造船所と称し民営の第一歩を踏みだしたが明治22年会社組織に改め,有限責任石川島造船所を設立した。
明治26年9月 商法実施に伴い,株式会社東京石川島造船所と改称した。
昭和14年2月 造船部門を拡張するため,東京第一工場を新設し,造船関係及び製缶関係の操業を開始した。
昭和18年9月 舶用諸機械及び陸上諸機械の需要増大に対処するため,東京第二工場を新設し,舶用諸機械及び鋳造品の操業を開始した。
昭和20年6月 商号を石川島重工業株式会社と改称した。
昭和24年5月 東京及び名古屋証券取引所に株式を上場した。
昭和24年6月 大阪証券取引所に株式を上場した。
昭和24年7月 京都,福岡及び新潟証券取引所に株式を上場した。
昭和27年9月 札幌証券取引所に株式を上場した。
昭和32年3月 航空機用ジェットエンジンを製作するため田無工場を新設した。
昭和33年3月 広島証券取引所に株式を上場した。
昭和34年1月 当社とブラジル政府は,リオ・デ・ジャネイロ市に,造船造機を目的とする石川島ブラジル造船所を設立した。
昭和35年12月 株式会社播磨造船所を合併し,商号を石川島播磨重工業株式会社と改称した。
昭和37年11月 石川島芝浦精機株式会社及び芝浦ミシン株式会社を合併した。
昭和38年4月 当社とシンガポール経済開発局は,ジュロン地区に船舶の建造・修理を目的とするジュロン造船所を設立した。
昭和39年2月 重機械工場として現横浜第二工場を新設した。
昭和39年5月 名古屋造船株式会社及び名古屋重工業株式会社を合併した。
昭和39年7月 船舶の大型化に対処するため,造船工場として横浜修理工場を新設した。
昭和42年10月 芝浦共同工業株式会社を合併した。
昭和43年3月 株式会社呉造船所を合併した。
昭和44年4月 重器工場として現横浜第一工場を新設した。
昭和45年10月 航空機用ジェットエンジン工場として瑞穂工場を新設した。
昭和48年5月 大型造船工場として現愛知工場を新設した。
昭和50年4月 決算期を年1回(3月31日)に変更し,中間配当制度を導入した。
昭和60年4月 鹿児島事業所を新設した。
昭和63年3月 石川島建材工業株式会社が株式を東京証券取引所第二部に上場した。
平成4年10月 豊洲センタービル(賃貸用オフィスビル)が竣工した。
平成6年4月 横浜エンジニアリングセンターを横浜事業所内に新設した。
平成7年11月 石川島汎用機サービス株式会社が株式を日本証券業協会の登録銘柄として登録した。
平成8年11月 石川島運搬機械株式会社が株式を東京証券取引所第二部に上場した。
平成10年11月 航空機用ジェットエンジン工場として相馬工場を新設した。
平成12年7月 日産自動車株式会社より宇宙航空事業を譲り受け,株式会社アイ・エイチ・アイ・エアロスペースとして営業を開始した。
平成14年10月 船舶・海洋事業を分社化し,株式会社アイ・エイチ・アイ マリンユナイテッドとして営業を開始した。
平成15年2月 株式会社新潟鐵工所から原動機事業と車両事業を承継し,新潟原動機株式会社(原動機事業)及び新潟トランシス株式会社(車両事業)として営業を開始した。
平成15年4月 宇宙開発事業を株式会社アイ・エイチ・アイ・エアロスペースに統合した。
平成15年6月 取締役会改革と執行役員制度導入を骨子とする経営機構改革を実施した。
平成16年3月 豊洲センタービル(賃貸用オフィスビル)について,不動産信託を行ない,その信託受益権を譲渡した。
平成17年3月 江東区豊洲1丁目土地及び建物を三井不動産株式会社に譲渡した。
平成17年3月 横浜南物流サービスセンターについて,不動産信託を行ない,その信託受益権を譲渡した。
平成17年5月 フェースト・アルピネ社との業務協定により,圧延機に関する子会社であるIHIメタルテック株式会社を設立した。
平成17年10月 自走式駐車場事業について,石川島建材工業株式会社に営業譲渡した。
平成17年10月 運搬機械事業とパーキング事業(自走式駐車場を除く)について,石川島運搬機械株式会社に営業譲渡した。
平成18年2月 江東区豊洲3丁目に新本社ビルとなる豊洲IHIビルが竣工し,本店移転の登記を行なった。
平成18年3月 東京都西東京市 田無工場用地を三井不動産株式会社,株式会社リクルートコスモス 他3者に譲渡した。
平成18年4月 ポンプ設備事業について,株式会社荏原製作所に営業譲渡した。
平成18年4月 官公需向け水処理事業について,石川島環境エンジニアリング株式会社に営業譲渡した。
平成18年9月 豊洲センタービルアネックス(賃貸用オフィスビル)が竣工した。
平成18年10月 石川島汎用機サービス株式会社を株式交換により完全子会社とした。